発達障害の子どもが通常学級に進級する場合、先生やママ友に伝えておくべきことは?

発達障害の子どもが通常学級に進級する場合、先生やママ友に伝えておくべきことは?

Bu facebook
Bu twitter

一斉指導の通常学級、発達障害への配慮は期待できるの?

発達障害の子どもが通常学級に進級する場合、先生やママ友に伝えておくべきことは?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10367007235

こんにちは。『子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』著者の立石美津子です。

知的発達に遅れはないけれど学習や行動面で困難があり、発達障害の可能性のある子どもたちは、日本の小中学校でおよそ6.5%いると言われています。

とはいえ、現行の制度では、毎日朝から夕方まで発達障害児童だけが通う専用のクラスや学校は存在しません。新しく小学校に進学する進学する発達障害児童の進路は、「通常学級」「特別支援学級」「特別支援学校」の3つの選択肢から選ぶことになります。

また、通常学級に籍を置きながら、月に数日、数時間、課題に合った支援・指導を受けられる「通級」という制度を利用することもできます(東京都では、「特別支援教室」という形での巡回指導体制の整備も徐々に進んでいます)。

障害者差別解消法も施行され、障害のある子どもが学びやすくなるための、合理的配慮を求めやすくなっています。

こうした状況から、知的発達に遅れがない発達障害の子どもの場合、通常学級への在籍を選ぶご家庭も少なくないでしょう。

ですが、通常学級は定型発達児が90%以上いるなかでの一斉指導であるという、大前提の現実を忘れないでほしいのです。

一斉指導のなかで、あまりにも細かい配慮を担任に求めるのには限界がありますし、先生としても何をどうして良いか分からないと困っているかもしれません。

ですから、「通常学級に入ることができた。やったー」と安心するのではなく、限られた環境のなかで、最大限の配慮をしてもらえるように、親の側からも働きかけを工夫することが大切です。

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/material/__icsFiles/afieldfile/2012/12/10/1328729_01.pdf

文部科学省, 「通常の学級に在籍する発達障害の可能性のある特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する調査」調査結果

担任の先生にドーンと専門書籍を渡すのは、NGです!

発達障害の子どもが通常学級に進級する場合、先生やママ友に伝えておくべきことは?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28144082743

発達障害のある子どもの保護者の方は、とても勉強熱心な方も多いです。知識をつけたあまりに、担任の先生にも「発達障害とは何か?」を解説した分厚い専門書籍をドーンと手渡して、「先生もこれぐらいは理解してください!」と要求するような保護者を見たことがあります。

ですが、たくさんの生徒を抱えていて、ただでさえ多忙な先生にそこまでプレッシャーをかけるのは、ちょっと酷だと思います。

また、「教員だから発達障害の知識は当然あるだろう」といった思い込みや、「うちの子どもは障害があるのだから、要求を聞いてもらって当然だ」といった強い態度での要求や主張も、控えた方が良いでしょう。

学校の先生は、障害名程度は知っていても、その分野への専門的な知識があるとは限りません。何より、出会ったばかりのあなたの子どもの取り扱いについては無知なのです。

生まれたときから365日24時間、子どもを育ててきたのはお母さんなのですから、どんな立派な精神科医や大学教授が書いた文献よりも、あなたが一番、子どものことを知っている専門家なのです。

発達障害のわが子がクラスに在籍していても、担任の先生が少しでもうまくクラス運営をできるよう、具体的に何をどうすれば良いか、提案する姿勢でいくと良いでしょう。

そこでオススメするのが、わが子の特徴を説明する、専用の“カルテ”のようなものを作り、担任に細かく伝えていくことです。

担任に伝えると良い、わが子の情報は?

発達障害の子どもが通常学級に進級する場合、先生やママ友に伝えておくべきことは?の画像

Upload By 立石美津子

一日のうち長時間をわが子と一緒に過ごす担任が、見通しを持って子どもの困りごとに対応できるよう、例えば、カルテには以下のような情報をまとめると良いでしょう。

・成育歴
・「特別な配慮が必要な子」として保育園、幼稚園担任からの細かい申し送り
・主治医や療育施設からのアドバイスの共有
・発達検査・心理検査の結果
・子ども本人がどんなことが苦手で、どんなことが得意か
・子どもが理解しやすい指示の伝え方
・パニックを起こしたときの対処法
・絶対に避けてほしいこと(*急に音楽を鳴らすのではなく事前予告し、小さな音から徐々になど)
・どのようなタイプの友達が苦手なのか、どんなタイプの子と馬が合うか

自分で一から作るのが難しい人は、発達ナビを運営するLITALICOが無料配布している、子どもの特性を伝える「サポートブック」や合理的配慮の相談に使う「合理的配慮ハンドブック」も活用してみてください。

https://junior.litalico.jp/personality/hattatsu/supportbook/

LITALICOジュニア「サポートブック」

https://junior.litalico.jp/personality/hattatsu/consideration/

LITALICOジュニア「合理的配慮ハンドブック」

保護者会やクラスメートに伝えるべきことは?

発達障害の子どもが通常学級に進級する場合、先生やママ友に伝えておくべきことは?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11038011710

学校の担任の理解が得られても、周囲のママ友や学校のクラスメートに我が子の特性を理解してもらえなければ、要らぬ誤解や偏見を持たれて、親子ともに窮屈な思いをしてしまいます。

では、他の保護者やクラスメートにはどのように伝えればよいのでしょうか。

発達障害のある子どもは、パッと見ただけでは障害のない健常児と見分けがつきません。

だから、子どもの問題行動を見て、「あの子は家庭での躾ができていない子」、「性格の良くない子」といったクレームを受ける可能性もあります。

発達障害に対する社会の認知度はずいぶん上がってきましたが、未だに「自閉症は愛情不足な親の育て方が原因でしょ?」、「鬱病と同じような病気だから、治るんでしょ?」と誤解している人もいます。

「先天的な脳機能の障害で本人の努力不足でもなく、個性の問題でもない」こと、「家庭でもこんな工夫をしているが、どうしてもトラブルが起こることもあるので、その時は理解してもらいたい」ことなどを、保護者会等、みんなが集まっている場で伝える機会を設けてもらうと良いでしょう。

みんなが嫌がるPTA役員を進んで買ってでるのも、ひとつの手です。確かにPTAの仕事は大変なこともありますから、「なんで私が…」と思われる方もおられるかもしれません。

でも、進んで行動することで、ママ友たちに感謝されたり、保護者同士の交流も深まりやすくなりますから、何かあったときに相談しやすくなるというメリットがあります。また、わざわざ「相談事」としてアポをとらなくても、自然と学校に出向く機会が多くなるので、学校の担任ともコミュニケーションがとりやすくなります。

わが子と同じ年齢の子ども達にはどう話をすれば良いでしょうか。大人に対して説明するように、難しい障害名そのものを伝えても、低学年の子どもには理解ができません。

たとえば、「みんなの中には、足の速い子も遅い子もいるし、背の高い子も低い子もいるよね。○○君は、じっとしていることがちょっと苦手だけれど、動き回ることが得意なんだよ」など、平易な言葉でわが子の特性を担任から周りの児童に伝えてもらえるようにお願いし、特別な配慮を受けることは必要で当たり前なのだということを、みんなが理解しやすい形で知らせてもらう工夫が重要です。

ただし、それ以前に本人に対して、クラスメートに話すことや配慮を受けることに対して、説明する必要があります。子ども本人の年齢や、自分が「周りと違う」ことや、個別の配慮を受けていることに対する自己認識があるかどうかによっても伝え方は変わってきますが、本人が望まない配慮を無理やりすることのないよう、きちんと本人とコミュニケーションをとりましょう。

ご家庭からの発信・提案で、子どもに過ごしやすい環境づくりを一緒に進める

発達障害の子どもが通常学級に進級する場合、先生やママ友に伝えておくべきことは?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11032005201

発達障害のある子どもとその保護者にとって、就学先選びと、その先でどのような配慮を受けられるかは重要な問題です。

特別支援学級、特別支援学校に行けば、学業という枠にとらわれず、生きていく上で必要な力をつけるための個別的で専門的な支援を受けやすいメリットがあります。

一方、障害のない子どもも含めた多様な子どもの集団の中で学んでいける環境は、通常学級ならではのメリットともいえるでしょう。

けれども、大人数の通常学級だからこそ、子どもの特性や障害に合わせた個別の支援はどうしても手薄になりがちです。

そこで、発達障害のある子どもが通常学級に籍を置く場合は、なんでも学校任せにするのではなく、保護者が学校としっかり提携して、互いに協力しながら子どもを育てていく意識を持つことが大切だと思います。

発達障害の子どもが通常学級に進級する場合、先生やママ友に伝えておくべきことは?の画像

出典 : https://goo.gl/FM9Q1K

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup