旦那がリストラ… 将来が見えず、ひとりでがんばり続けてしまうあなたへ【心屋仁之助 塾】

旦那がリストラ… 将来が見えず、ひとりでがんばり続けてしまうあなたへ【心屋仁之助 塾】

Bu facebook
Bu twitter
メディアで話題の心理カウンセラー、心屋仁之助さんとその一門があなたの相談に答える「凍えたココロが ほっこり温まる、心屋仁之助 塾」。今回は、「旦那がリストラされ将来が不安」という、スパイクさん(41歳・会社員)に、心屋塾上級認定講師の志緒村亜希子さんからアドバイスをいただきました。


© Focus Pocus LTD - Fotolia.com



■スパイクさんのお悩み
高給取りだった主人がリストラになり、半年が過ぎました。住まいが賃貸であるわが家は、私のお給料だけではまかなえず、ずっと引越しを提案しています。ですが、「仕事はすぐに見つかる」と楽観視する主人に反対され、彼の退職金を崩して生活費を捻出しています。 

先月から、私はフルタイム勤務のほかに、アルバイトも始めました。とうとう子供の保育園費の捻出も難しくなってきているのですが、本人はまだ主夫にはなりたくない、就職活動に専念したい、と言っていうことを聞きません。 

彼の生活態度に節約などの努力は見れず、だからといってせっかく時間ができて、懐いた娘から父親を放すようなことはできず、途方に暮れています。 家事育児は主人がしてくれるようになりましたが、将来が見えず不安でいっぱいです。 

■心屋塾上級認定講師の志緒村亜希子さんより
スパイクさん、こんにちは。ご相談ありがとうございます。

ご主人のリストラ、突然のことでショックでしたね。小さいお子さんがいる中、いまの生活を保つためにフルタイムのお仕事に加え、アルバイトを掛け持ちされているとのこと。不安で押しつぶされそうなときに、毎日忙しくされて、心も体もさぞお疲れのことでしょう。

今回起こったできごとから、この先ずっと続いていくスパイクさんの人生に、もしヒントとなる考え方があるとしたら、という視点でお話しさせていただけたらと思います。

きっとあなたにとってご主人は、“自分の不安を分かってくれない人”、“思い通りに動いてくれない自己中心な人”に見えているかもしれません。相手が自分の不安な気持ちを汲んでくれたり、家族のことをもっと考えてくれたら、1人でへとへとになるまで頑張らずに済むのに! と、腹が立つこともあったかもしれません。

どうしようもない状況や、先が見えず不安なとき、本当は誰かに助けてほしいとき、今までのあなただったらどんなことを思い、どんな行動に出ていましたか?


もしかしたら「私が頑張りさえすれば、状況を乗り越えられる」と思って頑張ることが多かったのではありませんか? そんなあなたの行動とは裏腹に「いつも私は損な役回り」と腹が立ったこともあったでしょうか。

もしもこれが対面カウンセリングだったら、私は「今すぐアルバイトを辞めてみてください」、とお伝えしていたと思います。そう伝えた時のあなたの心の反応を、一緒に受け止めてみたかったからです。

想像しただけで怖いですよね。ぎりぎり綱渡りの生活を支えるアルバイトを辞めるなんて…。そのうえでご主人の希望を保つために今の住宅費や保育費をなんとかしなければならない。この重圧に、どう耐えられるのだろうかと、不安でいっぱいになりますよね。

そこで、ご主人にこう伝えてみてください。

「わたし、もう頑張れない」
「助けてほしい」
「こう見えて私は弱いんだ」

もしかしたらこの言葉は、これまでもあなたが他人に言えなかった言葉だったかもしれません。いまやっと、この状況になったことでSOSを言えるチャンスが訪れたんです。

あなたがたまたま頑張ることができてしまったために、そこまで辛い思いをしていたことに周りは気がつけなかったのかもしれません。
そしてこれはご主人だけでなく、これまであなたが不安を分かってほしいと思った相手の人たちも、同じかもしれません。

男性は本来、愛する女性を喜ばせ、守りたい本能を標準装備しています。そのため、「あ、自分はちゃんと愛する彼女を笑顔にできている!」と確認できることが励みになり、自信につながってゆきます。

逆を言うと、女性が頑張れば頑張るほど、男性は愛する能力を忘れてしまう生き物のようです。

あなたが頑張るのをやめたり、弱さを出してみることで、ご主人は家族を養う責任感や、愛する奥さんや子どもを守る強い気持ちを取り戻していけるということを、一度信じてみていただきたいなと思います。

言い方を変えると、あなたは“ご主人が活躍するチャンス”を邪魔しないでみることに挑戦してみてほしいのです。

自分が頑張るのをやめてどうにかなってしまったとしても、それでも大丈夫なんだということも信じてみてください。なぜなら、そこは彼がちゃんと考えてくれるからです。

不安は女性同士の場で吐き出していきましょう。そして、おうちでは穏やかに(とても難しいとは思いますが)「頑張ってね、あなたが活躍してくれると嬉しいな~」という生温かい気持ちで見守ってみてください。

簡単に言いますが、ちょっとした修行のようですね…。でもやってみると、どれだけ自分が他人やパートナーを信頼していなかったか、不安の方ばかり見てきたか、ということに気づかされるのではないかな? と思います。

これからは「いつまで私が頑張れば…?」と途方に暮れるあなたのまま、弱い自分で生きていってみてください。頑張ってきたあなたが、「本当は頑張れない自分」を一番認めてあげてくださいね。

家庭以外の場でもやってみると、「やっとあなたの役に立てるチャンスがやってきた!」と周りは喜んで助けてくれたり、一緒に協力しに集まってきてくれることでしょう。

これからは、守られ、助けられ、愛されている証拠を集めていきましょう。応援しています。

・このカウンセラーのブログを読む


(志緒村亜希子)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup