【医師監修】妊婦の正常値は? 妊娠中の血圧変化と高血圧・低血圧のリスク

【医師監修】妊婦の正常値は? 妊娠中の血圧変化と高血圧・低血圧のリスク

Bu facebook
Bu twitter
妊婦すると体型はもちろん、ホルモンバランスや血圧などさまざまな体内の変化も次々におこります。特に妊婦健診のたびに測る血圧は、高くなると妊娠高血圧症候群も疑われるため注意深くみておくことが必要です。血圧の正常値や妊娠中の変動の仕方、高血圧、低血圧のリスクについて知り、妊娠中の体調管理をしっかりしていきましょう。







この記事の監修ドクター

的野ウィメンズクリニック 的野博院長

的野ウィメンズクリニックでは、妊娠・婦人科検診はもちろん、生理痛、生理不順、更年期障害などのお悩みや、風邪をひいた、などのちょっとした身体の不安も安心して気軽にご相談いただける、女性のためのホームドクターを目指しています。
https://www.matono-womens.com/
妊娠中の血圧は普段と違う?正常値は?

血圧とは、心臓から送られた血液が血管の壁を押す力のことをいいます。血圧には上下の値がありますが、心臓が収縮して血液を押し出す時の値を「上の血圧(収縮期血圧)」、心臓が拡張するときに流れる値を「下の血圧(拡張期血圧)」と言います。妊娠すると、この血圧の値が変動しやすくなります。これまで正常値だった人も妊娠中は低血圧になりやすく、また一方で高血圧によって体の異変や何らかのトラブルに気づくケースもあります。自分の体、そしてお腹にいる赤ちゃんのためにも血圧の変化やそれによるリスクを知っておくのはとても大切なことです。
妊娠中の血圧変化について
妊娠中のなかでも、初期や後期、臨月間際など時期によって血圧の状態も変わってきます。妊娠初期は、つわり症状や吐き気など体調が優れないことが多く、水分が十分にとりにくくなり、貧血に陥りがちに。その結果、血圧は低下しやすくなります。

また、つわりが落ち着く妊娠中期から後期にかけては、赤ちゃんの成長とともに子宮が大きくなる時期。子宮が大きくなり骨盤の中の血管が圧迫されることで血流が悪くなり、血圧が低下する要因になることもあります。心臓に負荷がかかり、動悸・息切れが起こりやすくなるので注意が必要です。そして8ヶ月を過ぎ、臨月近くになると、妊娠していないときのレベルにまで徐々に上昇していきます。

しかし、高血圧が続く場合には注意が必要です。通常の妊娠で血圧が急に上がるということはありません。妊娠高血圧症候群の可能性があるため、産婦人科医に相談のうえ適切な治療が必要になることもあります。
妊婦の血圧の正常値とは?
日本高血圧学会による「高血圧治療ガイドライン」では、血圧の正常範囲を3種類に区分しています。

「至適血圧」:収縮期血圧が120mmHg未満かつ拡張期血圧が80mmHg未満。

「正常血圧」:収縮期血圧が120~129mmHg未満かつ(または)拡張期血圧が80~84mmHg未満「正常高値血圧」:収縮期血圧が130~139mmHg未満かつ(または)拡張期血圧が85~89mmHg未満

「至適血圧」が最も理想とされる範囲で、脳卒中や心筋梗塞などを引き起こすリスクが最も低いとされています。「正常血圧」はぎりぎり正常範囲内です。一方で「正常高値血圧」は正常範囲ではあるものの血圧が高めなため、高血圧予備軍とされています。もう少し血圧を下げられるように、努力する必要がある値です。

また「高血圧治療ガイドライン」では高血圧の値も定められています。病院などで測定した場合の血圧が収縮期で140mmHg以上、または拡張期で90mmHg以上の場合、また家庭などリラックスした環境で測定した場合の血圧が収縮期で135mmHg以上、または拡張期で85mmHg以上を高血圧と定めています。

妊娠高血圧症候群とは?診断と症状、リスク

妊婦の約20人に1人の割合で起こると言われる「妊娠高血圧症候群」。高血圧とはこれまで無縁だったという人も、妊娠をきっかけに「妊娠高血圧症候群」と診断され、戸惑うこともあるようです。誰にでもなりうる病気である自覚を持ち、重症化する前に適切な対応をとれるようにしておきましょう。

妊娠高血圧症候群とは?
以前は『妊娠中毒症』と呼ばれていましたが、さまざまな研究の結果、現在は呼び名を変え「妊娠高血圧症候群」と言われています。実は根本的な原因などはまだよくわかっていません。妊娠すると母体の血液量は約1.5倍程度に増えますが、通常は血管が広がることで血圧の上昇を自然に抑えることができます。しかし、何らかの理由で調節がきかず、血管が広がらないと血圧は上昇してしまい、その結果、妊娠高血圧症候群の症状を引き起こすと言われています。発症するのは妊娠32週以降が多く、それ未満の場合は重症化の恐れがあり、より注意深く観察や治療が必要になります。

妊娠高血圧症候群と診断されるのはどんなとき?
妊娠20週以降、産後12週までに高血圧を発症した場合に診断されます。高血圧のみの場合は妊娠高血圧症、さらに蛋白尿があると妊娠高血圧腎症となります。

どんな人がなりやすいの?
妊娠高血圧症候群になるリスクが高いのは、もともと糖尿病や高血圧、腎臓の病気などの持病がある人です。また、肥満や40歳を超えての妊娠、逆にとても若い段階での妊娠、双子などの多胎妊娠、初産、家族に高血圧の人がいる人、以前妊娠高血圧症候群になったことがある人も発症しやすいと言われています。

肥満の場合はもともと太っている場合はもちろん、急激に体重が増えた場合にも危険性は高くなります。また、遺伝性の要素もあり、母親が妊娠高血圧症候群だったという人も注意が必要です。自分に当てはまる項目がある場合は、発症のリスクが比較的高いということを知り、意識して気をつけるようにすることが大切です。
発症するとどんな症状が現れる?
妊娠高血圧症候群が発症すると、疲れやすくなったり目眩が生じたりします。妊娠後期には徐々に血圧が高くなり、あわせて尿にタンパクが出ることもあるでしょう。妊娠高血圧症候群が悪化すると痙攣や脳出血、胎盤早期剥離などを引き起こすこともあり、母子ともに危険な状態になってしまうことがあります。
発症した場合の母体へのリスクは?
妊娠高血圧症候群を発症した場合の母体への影響は、血圧の上昇、尿蛋白が出ることが一般的です。それらに加えて、痙攣や脳出血、肝臓や腎臓などの機能障害、さらに肝機能障害による溶血と血小板減少が生じるHELLP症候群など、様々な病気を引き起こす可能性があります。
発症した場合の赤ちゃんへのリスクは?
妊娠高血圧症候群を発症した場合は母体だけでなく、お腹の赤ちゃんにも悪影響が及ぶことは少なくありません。赤ちゃんの発育が悪くなる胎児発育不全をはじめ、胎盤が剥がれて赤ちゃんに酸素が渡らなくなる常位胎盤早期剥離、胎児機能不全、さらにはお腹の中で急になくなってしまう胎児死亡に至る場合もあります。
妊娠高血圧症候群の予防・治療

妊娠高血圧症候群の予防や、万が一なってしまった場合の治療方法について知っておきましょう。

妊娠高血圧症候群にならないためには?
妊娠高血圧症候群にならないための決定的な予防策は、実は未だ確立されていません。しかし、かかりつけの産婦人科医で定期的な健診を受け、体重管理や血圧チェックなど適切な周産期管理をすることは、早期発見や予防につながります。もちろん、太り過ぎや塩分の取りすぎなどはよくありません。しかし、水分摂取制限や利尿剤は血栓症のリスクを高めたり、過度な塩分制限もよくないことがあります。自己判断せず、かかりつけの産婦人科医の指導のもと管理を続けるようにしましょう。

妊娠高血圧症候群になってしまったら?
妊娠高血圧症候群になってしまった場合には、その程度に応じた経過観察や治療が行われることになります。比較的症状が軽い場合は、自宅で安静に過ごし、毎日血圧を測定し、通常よりも健診の間隔を多くして状態を細かく観察していきます。また食事でも、野菜や魚中心の塩分を控えたメニューにするように心がけていきます。

もし高血圧の症状やむくみ、体重の増加など強い症状と思われる要素があった場合、また赤ちゃんの発育に心配な点があった場合には、入院管理となります。症状が重い場合には、入院してけいれん予防や血圧を下げるための薬を投与する治療を行います。しかし、それらの治療を継続しても母体や赤ちゃんの状態が良くない場合には、人工的に早産させるという選択が行われることもあります。
妊娠前から高血圧だった妊婦さんは?

妊娠前から高血圧の場合、妊娠高血圧症候群のリスクが通常よりも高くなります。降圧剤を飲んでも十分に血圧が下がらない、前の妊娠で妊娠高血圧症候群だったという人は特に注意が必要になります。リスクを最小限に抑えるためにも、日々の生活でどんなことに気をつけたら良いのかを把握しておくことが重要です。

妊娠高血圧症候群の診断について
妊娠前から高血圧や蛋白尿の診断を受けている場合には、高血圧合併妊娠や腎疾患合併妊娠となります。さらに出産後12週までの間に高血圧合併妊婦に尿蛋白が生じたり、腎疾患合併妊婦に高血圧が加わった場合には、「妊娠高血圧症候群(加重型妊娠高血圧腎症)」と診断されます。

薬の服用について
降圧剤を服用している場合でも、適切な管理のもと比較的順調に妊娠生活を送り、出産することも可能です。また、妊娠初期~中期では、薬を服用しなくても正常血圧で過ごせる場合も少なくありません。妊娠中は高血圧に伴って起こりうる臓器障害などがないか、血圧や蛋白尿、血液検査所見、自覚症状などがないかなどをきめ細かくみていくことが大切です。ただし、高血圧の薬の中には妊娠中は服用できないものもあります。

一般的には妊娠中はメチルドーパやαβブロッカー、Caブロッカーが使われることが多く、一方でアンギオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬やアンギオテンシンⅡ受容体拮抗薬、β受容体拮抗薬(ブロッカー)などを使用している場合には変更が必要になるでしょう。かかりつけの医師と十分に相談するようにしましょう。
妊娠高血圧症候群の出産と産後について

妊娠高血圧症候群となった場合の出産方法は何か特別な方法があるのでしょうか。また産後はどう過ごしたら良いのでしょうか。
出産方法は?
産後は症状が良くなることが多いです。一般的には出産後12週までにはほぼ妊娠前の状態に戻ると言われています。ただし、重度な妊娠高血圧症候群であった人は産後も高血圧や蛋白尿が続くことがあり、経過観察や症状に応じた対処をしていく必要があります。
今後の体調への影響は?
一度、妊娠高血圧症候群になってしまうと、産後数十年後に、生活習慣病や腎疾患などが見つかる頻度が高いという報告もなされています。出産後も自分の血圧は随時把握するようにし、バランスのとれた食生活や規則正しい生活など、健康管理への高い意識を持つことは必要といえるでしょう。
低血圧でも問題になる?影響と症状、改善・予防方法

高血圧によるさまざまなリスクがある一方で、低血圧でも何か問題があるのでしょうか。低血圧による影響、予防方法などをみていきます。
赤ちゃん、出産への影響は?
低血圧の定義は、一般的に収縮期血圧が100mmHg未満のことを指します。特に妊娠後期は低血圧に陥りがちですが、収縮期血圧が80以上あればそれほど問題はありません。妊娠中に低血圧になり、直接的に母体やお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼすということはありません。しかし、低血圧による貧血でめまいやふらつきが起き、転倒してお腹をぶつけてしまうなどの危険はありますので注意しましょう。

体への影響は?どんな症状が現れる?
一般的に低血圧の人は朝起きるのが苦手だったり、日常的な倦怠感やめまいがあると言われます。そのほかにも、耳鳴り、肩こり、不眠、食欲不振、集中力の低下、動悸、息切れなどを感じる人もいます。一方で、低血圧にもかかわらず自覚症状がないという人もみられます。
低血圧を改善・予防するには?
長時間同じ姿勢をしていたり、長風呂をしたりすると低血圧が生じやすくなります。なるべく体勢を変えたり、お風呂の時間を短めにするなどを心がけると良いでしょう。また、低血圧の予防には塩分やタンパク質をとりましょう。もちろん塩分の取りすぎは高血圧に繋がるため摂取にも注意が必要です。たんぱく質の中ではチェダーチーズには血圧をコントロールする作用が含まれているので、メニューに上手に取り入れると良いでしょう。

摂取を控えた方がよいのはアルコールです。血液中にアルコールがあると低血圧の要因となります。また、基本的なこととして大事なのは、規則正しい生活と食生活です。食事を抜いたりすることも血圧低下につながります。気をつけましょう。

まとめ
重症妊娠高血圧症候群は、誰にでも起こりうる症状から始まるケースが多く、それが妊娠による一般的な変化なのか、異常なのか自分では判断しにくいものです。しかし、その症状を放置したままにすると、母子ともにとても危険な状態にもなりかねません。自覚症状が乏しいからこそ、妊娠をしたら定期的な健診に必ず行き、医師や助産師による適切なアドバイスを受けることが大切です。いつもと違うと感じることがあれば、些細なことでも相談するようにしましょう。少しでも早いタイミングで妊娠高血圧症候群の兆候を見つけることが、大事なポイントになります。

関連リンク
【医師監修】生後2ヶ月の赤ちゃんの特徴と子育てのポイント、知っておきたい注意点 | マイナビウーマン
【医師監修】時期別でみる「葉酸の必要量」 、主な働きと摂取方法 | マイナビウーマン
【医師監修】妊娠初期に気をつけること 体の状態・食事・過ごし方 | マイナビウーマン
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup