栄養たっぷり!「カブ」を丸ごと、蕪蒸しのレシピ[離乳食後期]

栄養たっぷり!「カブ」を丸ごと、蕪蒸しのレシピ[離乳食後期]

Bu facebook
Bu twitter
捨てないで!葉も茎も立派な野菜です
漬物や煮物などでよく目にするのは白い根の部分ですが、実は葉や茎の方が栄養豊富。
カブは、根の部分が淡色野菜、葉や茎は緑黄色野菜に分類され、それぞれの栄養を一度に得られるお得な野菜なのです。



カブ(蕪/かぶ)の栄養価と効能:旬の野菜百科詳しい栄養についてはコチラ
その栄養を効率よく摂り入れるのにオススメの調理法が、油で炒めてからスープにすること。

今回ご紹介するのは、根も茎も葉も、カブを丸ごと使った『蕪蒸し』のレシピです。
<< 蕪(かぶら)蒸しの作り方 >>
※つなぎに卵白を使用するので、離乳食後期からのレシピです。
卵白はアレルギーを引き起こしやすい食材なので、卵黄をしばらく食べさせ、アレルギーの心配がないことを確認してから、少量ずつ始めてみましょう。
また、調理の際は、中まで完全に火を通すようにしましょう。

00
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 材料(作りやすい分量の目安)

 カブ:1束(4〜6株)
 白身魚(鱈、鯛など):2〜3切れ
 卵白:1個分
 片栗粉(葛粉なども可):小さじ1 
 人参:1本
 だし汁:適宜
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1. カブを擦りおろす
よく洗ったカブを擦りおろす(我が家では皮ごと使ってしまいますが、気になる場合は剥いてください)。
写真のように茎を残して切っておくと、持つ部分があるので安定して作業することができます。

擦りおろしたカブは、目の細かいザルなどに入れて水気を切っておく。



01
2. 白身魚を細かく切って、粘りが出るくらいまで叩く
皮や骨が残っている場合は、よく確認して完全に取り除きましょう。
3. 材料をよく混ぜ合わせる
よく叩いた白身魚、片栗粉、卵白、カブ(軽く絞る)を、ボウルに入れてよく混ぜ合る。

片栗粉を少なめにすると柔らかく、多めに入れるとモチモチに仕上がります。
お好みの固さに加減してみましょう。

02
4. 適当な大きさに丸めて、蒸す(約10分)
生地を適当な大きさに丸める。
柔らかめの場合は、小鉢などに入れても良いです。

蒸気の上がった蒸し器で、中火で10〜15分くらい蒸す。
火を止めてからも蓋をしたまましばらく置いて、余熱で完全に火を通す。


03
5. カブの葉とにんじんのスープを作る
カブの葉とにんじんを細かく刻み、少量の油(分量外)でサッと炒める。
だし汁を加えて、柔らかくなるまで煮る。

離乳食の進み具合や好みに応じて、醤油をひと垂らししても美味しいです。
6. 盛り付けて完成
蒸しあがったものにスープをかけたら完成!

寒い時期には、スープにとろみをつけると身体がより温まります。

04
本格的な和食のレシピでは、魚に下味をつけたり、カブの皮を厚めに剥いたりしますが…家庭で食べる分には、それらの工程を省いてしまっても充分美味しく食べられます。

上から下まで、全ての部分を食べることのできるカブ。
立派な葉付きを見つけたら、是非丸ごと味わってみましょう。
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup