【フランス発】「待機児童問題」を解消する秘策となるのか?!親保育所という選択肢

【フランス発】「待機児童問題」を解消する秘策となるのか?!親保育所という選択肢

Bu facebook
Bu twitter
日本では待機児童の問題が深刻ですが、フランスもまた同様の問題を抱えています。共働き率が高いフランスでは、産休が明けると保育所に子供を預けるというのが一般的。近年では出生率が上がったこともあり、すぐに保育所が見つかるということは難しくなってきています。公立・私立の保育所以外に、一時預かり所やベビーシッターなどの選択肢もありますが、私は息子を「親保育所」に預けています。「親保育所」?聞いたことがありますか?

待機児童問題解決のために保育士と親自身が「親保育所」を創設!

話は1968年にさかのぼります。この年の5月、フランスでは五月革命という社会運動が起こりました。発端は学生による大学制度への反抗運動でしたが、それは自由や自治を求める運動として世界に飛び火し、日本にも大きな影響を与えました。そのような風潮と、当時からあった保育所不足という事情にあって、現状を打破しようとして立ち上がった保育士と親たちが創設したのが「親保育所」のはじまりです。現在、フランスにおける通常の保育所の定員総数(0歳~3歳)は約40万人であるのに対して、親保育所の定員総数は約2500人(0歳~4歳、場合によっては6歳までが認められています。ただし一般的には新学期時に3歳の場合は幼稚園に行かせる家庭が多い)と、数は決して多くはありません(ちなみに、2012年のフランスでの出生数は約82万人です)。各親保育所の定員は20数名で、子供5名あたり最低1名の保育士が必要であるため、たとえば6名、7名、7名の年齢別3クラスがある場合、それぞれ2名ずつの保育士が必要ということになります。保育士は交代で平日に休みをとるため、その代りに親が保育を手伝います(また外出の際にはさらに大人の付き添いを必要とします)。
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup