ダニアレルギー対策にも効果的!枕などの寝具類の「大洗濯」

ダニアレルギー対策にも効果的!枕などの寝具類の「大洗濯」

Bu facebook
Bu twitter

ダニアレルギー対策にも効果的!枕などの寝具類の「大洗濯」

LION お洗濯マイスター

山縣 義文やまがた よしふみ

ダニアレルギー対策にも効果的!枕などの寝具類の「大洗濯」

「ダニアレルギー」の原因は?

チリダニの顕微鏡写真
チリダニの顕微鏡写真

皆さんは、「ダニ」のことをどれくらい知っていますか?ダニは節足動物の一種で、クモの仲間に分類されます。家の中にいる代表的なダニは「チリダニ」といわれ、体長は約0.4mmです。カビと同様、気温22〜28℃、湿度60℃以上の環境を好みます。実は、このチリダニの死骸や排泄物に含まれる特定のたんぱく質がアレルギーの原因(ダニアレルゲン)になるのです。

どうすれば「ダニアレルギー」の対策ができる?

ダニのアレルゲンは、天日干ししたり、叩いたりするだけでは、効果的に落とすことができません。ダニのアレルゲンは、水に溶けやすい性質があります。つまり、水洗いすることで除去できます。グラフからもわかるとおり、洗濯によりダニのアレルゲンは、なんと99.9%も除去できるのです。

<洗濯によるダニのアレルゲンの除去>

<洗濯によるダニのアレルゲンの除去>
※東京環境アレルギー研究所にて測定

ダニが気になるのは、何と言っても寝具類だと思います。今回は、寝具類の中で、「枕」の上手な洗い方をご紹介します。なお、「毛布」の洗い方については、こちらをご確認ください。

「毛布」を洗う前の確認・準備と洗い方・干し方

「枕」の上手な洗い方

次の手順で、枕をお洗濯しましょう。

1. 洗濯表示を確認する

裏面についている洗濯表示をチェックして、家庭で洗えるかどうかを確認します。
※洗濯表示は2016年12月1日に改定されました。

1. 洗濯表示を確認する
新・洗濯表示に「洗濯おけ」や「手洗い」の記号がついている場合は、家庭で洗えます。従来の絵表示に「洗濯機」マークや「手洗い」マークがついている場合は、家庭で洗えます。
1. 洗濯表示を確認する
新・洗濯表示や従来の絵表示に「洗濯おけに×」がついている場合は、家庭で洗えません。

洗濯表示に関する詳しい情報は、こちらをご覧ください。
難しくない!新しい洗濯表示(洗濯マーク)を覚えて上手にお洗濯

2. 洗剤を選ぶ

洗濯表示だけでなく、タグの注意書きも確認して、適切な洗剤を選びます。

2.洗剤を選ぶ

なお、洗剤の中には漂白剤入りのものがありますが、下記の記号(漂白処理ができない)がついている場合には、「漂白剤入りの洗剤」は使用できません。

洗剤は、中性のおしゃれ着用洗剤(アクロン)がおすすめです。
また、特に汚れが目立つ箇所は、エリそで用の部分洗い剤や、中性のおしゃれ着用洗剤(アクロン)などで前処理すると良いでしょう。

<枕の素材に応じた洗い方、干し方>
枕を洗う時は、メーカーの取扱説明書に従って洗濯しましょう。

1. ポリエステルわたや羽毛の場合

水に浮きやすいので、洗濯槽を桶代わりにして、ゆっくりと押し洗いします。また、すすぎも「洗い」と同じ操作で行います。干したあと、時々両側から軽く叩いて中のわたや羽毛をほぐします。

2. パイプ・ポリエチレンの場合

パイプの拡大写真
パイプの拡大写真

洗濯中に枕のファスナーが開いて中のパイプが漏れ出すこともあるので、網目の細かい洗濯ネットに入れて洗います。干したあと、パイプの中空部分に水がたまっていることがあるので、時々振ったり、向きを変えたりして水を出します。

3. 炭パイプの場合

炭パイプ素材の場合、柔軟剤で柔軟仕上げをすると、炭の表面に柔軟成分が吸着して、脱臭効果などを低下させることがあるので、使用は避けましょう。

枕の素材に関わらず、洗濯ネットに入れて洗濯し、干す時には、ネットごとハンガーに吊るすと、干しやすく早く乾きます。

炭パイプの場合

4. 洗えない素材(そばがら、ウレタンパフなど)の場合

枕カバーをつけるとともに、頻繁に枕カバーを洗濯しましょう。そばがらは天日干し、ウレタン素材は陰干しにします。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup