『瞑想』で子供の問題行動が激減!瞑想がもたらす効果とは?

『瞑想』で子供の問題行動が激減!瞑想がもたらす効果とは?

Bu facebook
Bu twitter
瞑想 効果 子供

アメリカのメリーランド州の小学校で、生活態度に問題のあった児童たちに居残りなどの罰を与えるかわりに『瞑想』や『ヨガ』のプログラムを取り入れたところ、問題行動を起こす生徒の数が激減したんだとか! 今回は、『瞑想』の効果や、子供でもできる瞑想の方法などについてご紹介します。

罰の代わりに瞑想をさせると、停学処分になる子供が減少

アメリカ・メリーランド州ボルチモアにあるロバート・W・コールマン小学校では、問題行動のある児童に対し、居残りや反省部屋への隔離などではなく、瞑想やヨガをさせたところ、問題行動を起こして停学処分になる児童の数が激減したそうです。

怒りや感情の制御が難しい、じっとしていられない……。瞑想は、そういう子供たちを罰するのではなく、自分自身の内面と向き合う機会を作ることとも言えます。

では、瞑想には具体的にどのような効果があるのでしょうか?

瞑想は子供のストレスを軽減し、平常心を与えてくれる

瞑想を行うと、心拍数の低下、呼吸の安定、血圧の正常化などがみられるそうです。

つまり、心も体もリラックスしてストレスが軽減されるのです。

瞑想を習慣化すると、ストレスが溜まる前に解消されるので、心身共にストレスのない毎日を送ることも可能になると言われています。

また、瞑想中に雑念が頭をよぎると、呼吸や鼓動に集中するように意識を戻す……という流れを何度もくり返しますよね。これは、余計なことに意識を奪われず『いまやるべきこと』に集中して臨むトレーニングにもなり、日常生活でも役立ちます。

そうして瞑想を続けているうちに、自分の感情に飲み込まれることなく冷静な判断や言動ができるようになり、平常心が身につくと言われています。

実際、前述の『瞑想』のプログラムを受けた児童の中には、自分自身の行動を見つめなおす癖がついたり、テストの前などに精神を落ちつける方法として取り入れたりした子供もいたそうです。

子供でもかんたんにトライできる!瞑想の方法とは

メリットがたくさんある瞑想。「子供にやらせたいけれど難しそう……」と迷っているパパとママに、子供でもかんたんにトライできる瞑想の方法をお伝えします。

① 5分以内の短時間で、タイマーをセット ② 子供の好きな姿勢(例:椅子に座る・床に寝転ぶなど)で肩や腕の力を抜いてリラックス ③ 目を閉じて、呼吸に集中! ④ 雑念が沸いたら、また呼吸に意識を集中させるように心がける

たったこれだけです。

小さな子供の場合は、長い時間集中するのは困難なので、1日1分だけでも、目を閉じて呼吸を意識する時間を取ればOKです。

ただし、短い時間でも習慣化することが重要ですよ!

毎日繰り返していくと、少しずつコツを掴み、集中力が持続するようになっていくでしょう。

親や先生から何か言われて仕方なく従うのではなく、瞑想をして、自分と向き合って、『どうするか』という答えを導き出したものであれば、主体的に自分を律することができるようになるのではないでしょうか。

子供の落ち着きのなさや、集団の中での問題行動などに悩んでいるパパやママは、ぜひ毎日のお子さんの生活の中に瞑想を取り入れてみてくださいね。

参照/ カラパイア 不思議と謎の大冒険『アメリカの小学校で斬新な試み。お仕置きの代わりに瞑想を取り入れたところ問題行動が減少』 life Hacker『瞑想がもたらす12の効果とは?』 Biz Lady『1日5分でOK!ストレスや不眠を手放せる『瞑想』の簡単な始め方』

関連コラム

母親以外の大人がカギ!?子供の学習時間はこうして伸ばす!
母親だけではダメ!?勉強の効果が上がる親の関わり方とは
髪をいじる癖には要注意!子供に多い『抜毛症』とは?
世界で活躍できる子供に!『積極性』を育てる方法

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup