女性の30代は厄年ばかり……。厄払いの相場とは?

女性の30代は厄年ばかり……。厄払いの相場とは?

Bu facebook
Bu twitter

女性は30代のうちに、本厄だけでなく前厄・後厄をあわせると、合計6回も厄年を迎えることになります。厄払いでもして、災いを避けたい気持ちもあると思いますが、厄払いをする金額についても気になりますよね。今回は、そんな厄払いの相場に関するコラムです。

■そもそも厄年とは?

【厄年とは】

厄年とは、その年に災厄が多くなるとされている年齢のことです。古くは平安時代から厄年の概念があり、厄払いが行われていたとされています。なぜ災厄が多く降りかかるのか?などの科学的根拠や統計などは立証されていませんが、日本だけではなく、諸外国でも厄年・厄払いの風習は根強く存在しています。

【厄年の数え方と年齢】

厄年の数え方は、地域や神社仏閣によって微妙に異なるようですが、日本では基本的に数え年とされています。数え年とは、生まれた時を1歳として、1月1日を迎えると+1歳になるという考え方です。たとえば、12月31日に生まれた場合はその日に1歳、翌日の1月1日には2歳となり、それ以降は1月1日を迎えるごとに+1歳とします。また、本厄の年齢は、男性が25歳・42歳(大厄)・61歳、女性が19歳・33歳(大厄)・37歳です。なお、前厄・後厄は、その年齢の前後1年(たとえば33歳の場合、前厄は32歳、後厄は34歳)です。
※大厄とは、特に災厄が起こりやすい厄年のことをいいます。

【厄払いの時期】

厄払いの時期についてですが、上記のように数え年で1月1日に年齢が上がることから、厄年を迎えた1月1日から厄払いができます。そのため、初詣のついでや節分の時期までにと、あらかじめ日取りを決めて厄払いをする方が多いようです。ただし、たいていの場合は厄年の1月1日から12月31日までの間であれば厄払いができますが、地域・神社仏閣によっては時期が異なる場合もあるので、お祓いを受ける際には確認してみてくださいね。

■気になる厄払いの相場は?

さて、厄年について分かったところで、気になるのはそのお祓いにかかる金額ですよね。

実は、神社仏閣ごとに金額が設定されているため、決まった金額はありません!とはいえ、だいたい5,000円~10,000円が相場のようです。もしお祓いを受ける際に、「お気持ちで」と言われた場合は、この金額内でお渡しすれば問題ないかと思います。厄除けで有名な神社仏閣になると、50,000円以上と設定しているところもありますが、それだけ納めればなんだかご利益もたくさんありそうですよね。ぜひ、ご自身のお財布と相談しながら、どこで厄払いを行うか決めてみてはいかがでしょうか。

■方位除けという風習もお忘れなく

実は、厄年以外にも、方位除けという風習があることをご存知ですか?

方位除けとは、中国を起源とする九星気学を用いた占術の一つで、干支との組み合わせにより運勢や方位の吉凶を占うというものです。その年の悪い方角に該当する九星の方は、厄払いとあわせてお祓いをしてもらっても良いかもしれませんね。金額は、たいてい厄払いと同じ金額としているところが多いようです。

ちなみに、2017年の厄年(本厄)は、男性が「1993(平成5)年」「1976(昭和51)年」「1957(昭和32年)年」生まれの方、女性が「1999(平成11)年」「1985(昭和60)年」「1981(昭和56)年」「1957(昭和32)年」生まれの方です。方位除けは、「一白水星」「七赤金星」「四緑木星」「六白金星」の方です。余談ですが、筆者は四緑木星で「表鬼門(北東)」に該当するので、さっそくいつも行っている地元群馬県の水沢観音(パワースポットで有名です!)でお守りを授かってきました!少し気が早いとはいえ、来年度には前厄にも入りますので、お守りがあるからといって周りを顧みない行動は控え、身を慎んだ日々を送りたいと思います……。

■厄払いと一緒に、万が一にも備えよう!

厄払いを終えたからといって、絶対に悪いことが起きない!というものではありませんよね。よって、厄年に関係なく、日頃から万が一に備えておくことが大切です。何があるか分からない世の中ですので、怪我や病気、就業不能、事故や災害など、幅広く備えておくに越したことはありません。ぜひこの機会に、厄払いと同様に何かあった時のためのお守り代わりとなる、保険についても見直してみてくださいね。自分に見合った保険料かどうか、保障内容は足りているか、加入している保険がどんなものだったか分からなくなってしまったなど、些細なことに思えることが実はとても重要だったりします。なぜかというと、せっかくお金をかけていても、保障が足りない・場合によっては保険が下りない、など自分にとってマイナスになりかねないからです。

重ねてにはなりますが、厄払いが終わったら、万が一のときにあなたを助けてくれる保険も一緒に確認するようにしましょうね!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup