夏が旬じゃない!? 新生姜のおいしい時期&食べ方ガイド!

夏が旬じゃない!? 新生姜のおいしい時期&食べ方ガイド!

Bu facebook
Bu twitter
辛味が少なく食べ易い新生姜は旬が限られていますが、もっともおいしく食べられる新生姜の時期をご存じですか?新生姜をおいしく食べられる時期や食べ方、おすすめのレシピなどもご紹介します。新生姜の時期を覚えて、おいしい生姜料理を食べましょう!

新生姜のおいしい時期はいつ?

根生姜に比べると辛味が弱く、食べやすい印象を持つ新生姜。新じゃがや新玉ねぎは出回る時期が限られていますが、新生姜は一年中食べることができるのでしょうか?そもそも新生姜と普段なじみのある生姜との違いは……なんでしょう?新生姜のおいしい時期とその食べ方、おすすめのレシピまでご紹介。

新生姜の旬、じつは秋!

そもそも新生姜とは?

みなさんは根生姜と新生姜、それぞれの違いをご存知ですか?新生姜とは、根生姜の上に生えてくる部分のことを指します。新生姜を乾燥させ、保存したものが根生姜。新生姜は収穫された直後の状態を言います。

新生姜は秋が旬

夏が旬の印象も強い新生姜、実は秋が旬。新じゃがや新玉ねぎなどとは異なるんですよ。露地栽培や無農薬で育てられる生姜などは春先に種植えが行われ、11月頃に収穫を迎えます。

夏にでまわる新生姜

新生姜の旬が秋と聞いてもピンとこない方もいるでしょう。夏になるとたくさんの新生姜がスーパーでは販売されているのを目にしているはずです。このイメージが強く、どうしても新生姜の旬が夏だと思ってしまう方が多いようです。

近年ではハウスで様々な野菜を作ることが可能になりました。生姜もハウス栽培によって、秋よりも前に食べられるようになったんです。おいしい新生姜が食べたいという声に併せてハウス栽培にも工夫がされ、本来の秋の旬の他、夏でも新生姜を食べることができるようになったようですね。

元来の新生姜を食べたい場合には、秋に出荷される新生姜を待って食べてみてくださいね。

新生姜と生姜の違いは?

普段たべている生姜ってどんなもの?

旬などに関わらず一年中食べることができる生姜は、一般的に根生姜と呼ばれているものです。こちらの根生姜は通年出回ることが多く、どんなタイミングでもスーパーで購入することができますね。

根生姜の大きな特徴は全体的に固いということ。新生姜として収穫されたものをしばらく寝かせてから出荷しますので、水分が抜けて少し硬くなっているのです。

味の違い

新生姜と根生姜には味にも違いがあります。新生姜には甘みがあり、さらに水分をたっぷりと含んでいるので食感も柔らかく、スライスしたものに味噌などをつけるだけでも、おいしく食べられます。

一方、根生姜はぴりりとした辛味があり薬味向き。スライスしたものを生で食べることはあまりないですよね。根生姜は薬味の他、煮込み料理などに入れて臭み抜きに使用されることが多いでしょう。

葉生姜・矢生姜とは

根生姜や新生姜の他にも、葉生姜や矢生姜と言われるものが販売されていることがあります。こちらの生姜についてはどのような特徴を持つのでしょうか?

葉生姜

葉生姜は未成熟な生姜に葉がついた状態を収穫したもの。身がとても柔らかいため、そのまま食べることもできます。 生姜から伸びる葉の根元はきれいな紅色で、だいたいは夏に出荷されます。

「谷中生姜」は葉生姜の代表的な品種。その他「三州生姜」、「金時生姜」などもあります。葉の部分が大きく広がっているものは成長が進んだもので、根(生姜)の部分にもスジが出ているはずです。葉の部分は小さく引き締まっているものが新鮮といえるでしょう。新鮮な葉生姜は、根の部分もフレッシュでおいしいと思いますよ。

矢生姜

矢生姜は、根生姜や新生姜のように根の部分を食べるのではなく、茎の部分を食べるという特徴があります。「金時生姜」の茎がその代表で、古くから料亭などでは用いられてきました。

甘酢漬けとして食べることが一般的ですが、その他にも味噌をつける食べ方や、醤油漬けにして食べる方法もあります。愛知県が主な産地として有名。根の部分の赤みが濃くなり甘みが増す矢生姜は、1月から2月頃の出荷になります。矢生姜は天ぷらや豚肉で巻いて食べるのもおすすめです。
▼芽生姜を酢漬けした料理「はじかみ生姜」、どう食べたらいい?

生姜の旬のまとめ

ひと口に生姜といっても複数の生姜が販売されており、それぞれ出回る時期が違っています。根生姜は新生姜の出荷のあと、根の部分を乾燥させたものですが通年出回っているので旬がわかりにくいですよね。

成長する過程から、根生姜、新生姜、続いて矢生姜、最後に旬を迎えるのが葉生姜になります。とはいえ、このような生姜の旬には大きな期間の違いが無く短期間に次々に旬を迎えますので、よいものを見分けるポイントを知っておくとよいですね。

美味しい生姜の見分け方

美味しい生姜を見分けるためには、以下のポイントを意識しましょう。

・凸凹部分がしっかりとしているもの
・できるだけ切り口がみずみずしく変色していないもの
・葉がついているものは、葉がみずみずしく、しおれていないもの
・チェックできる場合には香りが豊かで芳醇なもの
・葉生姜を選ぶ場合には実が引き締まっていて小さめのもの


このようなポイントに気をつけながら、生姜を選べばおいしいものが手に入ります。

生姜は腐るの?

生姜は抗菌効果が高く、腐った生姜を見たことがないという方もいるでしょう。生姜はどんなに長期間放置していても腐ることはないのでしょうか?

生姜は悪くなった際に腐敗してドロドロになるようなことは、ほとんどありませんが、状態を確認して傷んでいる場合には食べるのをやめましょう。

・水分が抜けて見るからに購入した時よりも縮んでいる
・カットした時にとても硬く、風味も著しく低下している
・葉しょうがは葉の部分が腐敗し変色し始めている
・生姜の一部にカビが生えている


このような状態の生姜は傷んでいる可能性が高いと言えます。カビなどが生えておらず変色していなくとも、風味は落ちていてお料理に使ってもおいしくないでしょう。

新生姜のおすすめの食べ方

新生姜が手に入ったら、どんなレシピで食べようかと考えるのも楽しいですよね。新生姜をおいしく食べるためのおすすめレシピをご紹介します。

新生姜の甘酢漬け

新生姜の甘酢漬けはご家庭でも簡単に作ることができます。すし酢を使えば手間も少なくできますから、よかったらチャレンジしてみてくださいね。

新生姜はしっかりとキレイに洗い、皮をスプーンなどで取り除いていきます。その後、スライサーを使って薄切りにしたら熱湯で一度ゆがきます。煮沸消毒した瓶に、湯がいた新生姜を入れてすし酢を入れたら一晩寝かせて完成です。

新生姜の甘酢漬けは、炊き込みご飯と合わせるだけでもおいしい一品。また、魚介類やお肉の付け合わせにもよいですよ。保存が効くので食べたいときに食べられます。

新生姜ごはん

千切りにした新生姜や人参などのお野菜を使って、新生姜の炊き込みご飯を作りましょう。予め油抜きをした油揚げも一緒に入れるとおいしくなります。味付けは薄くち醤油や塩、昆布のだし汁などを使いますが、お好みで調節しましょう。

炊き上がったご飯は新生姜の香りが漂い食欲をそそります。器に盛り付けた後、三つ葉や白ゴマなどをトッピングするとよいでしょう。シソを加えると、さっぱりとした味わいが増すでしょう。

生姜を丸ごとおいしく

新生姜の時期についていかがでしたか?ふだんよく見かける根生姜と根生姜に違いについても、お判りいただけたでしょうか。矢生姜や葉生姜など、生姜は根から葉までおいしく食べられる野菜。ぜひ、お料理に合わせて生姜をまるごと使ってみてくださいね。

旬の短い新生姜ですが、酢漬けにすれば長持ちさせることもできます。買ってきて食べきれない新生姜は、保存食として調理するのもよいですね。お弁当やおつまみにもおすすめですよ。
▼生姜を使ったレシピやちょっとした疑問にも、お答えします!
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup