子どものおやつに最適!  焼きたてモチモチ「おからでポンデケージョ」

子どものおやつに最適! 焼きたてモチモチ「おからでポンデケージョ」

Bu facebook
Bu twitter
ポンデケージョとは、ブラジル生まれのチーズパンのこと。キャッサバ粉(タピオカ粉)を使っているので、外はカリッ、中はモチモチ食感なのが特徴です。このポンデケージョを、身近な食材の片栗粉とおからで作るのが、一時我が家のブームになっていました。


© ucchie79 - stock.adobe.com



おから入りのこのポンデケージョ、できたてが本当においしい! ただ、”できたて”とわざわざ書いたのは、実は、時間がたつと食感がぼそぼそになってしまうから。レンジにかけてもトースターにかけても、残念ながら元のモチモチ感に戻ることはなく、若干食感がかたくなってしまうのです。でも、焼きたてのおいしさの虜になり、一時期はしょっちゅう作っていました。

今回のレシピは18個分で書いていますが、もしできたての一番おいしいものだけ少量味わいたいということなら、分量を半分にしてもできます。私はむしろそっち派で、卯の花を作るときにちょっとだけおからを残しておいて、9個だけ作り、家族3人一気に3つずつ食べることが多いです。

子どものおやつとしてならレシピ通りに、お酒のおつまみとしてなら、塩を少し入れてください。さらにドライハーブも入れたりすると、よりお酒に合います。

■おからでポンデケージョ

調理時間 20分 1人分 431Kcal


レシピ制作:管理栄養士 長 有里子


<材料 18個分>
おから 100g
片栗粉 60g
ヨーグルト 80g
粉チーズ 30g
オリーブ油 大さじ1

<作り方>
1、ポリ袋に材料をすべて入れ、よくもむ(耳たぶくらいの柔らかさがベスト。かたければ、ヨーグルトを少し足してください)。

2、(1)を18等分にして丸める。

3、180度で予熱したオーブンで約20分焼く。

もし時間がたってぼそぼそ食感になってしまったら、トースター加熱よりもレンジ加熱のほうがおいしくいただけます。私は1個につき、600wで10秒チンをして食べています。
でも、元のモチモチ感には完全に戻りませんので、あしからず(でも、それはそれで良いですよ)。

(長 有里子)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup