4歳から6歳の男の子向け!おすすめの子ども用自転車5選

4歳から6歳の男の子向け!おすすめの子ども用自転車5選

Bu facebook
Bu twitter

男の子にとって、自転車は冒険のはじまり。自分の意思で好きな場所に行ける乗り物に、男の子なら誰しも胸を躍らせるはず。とはいえ、4歳~6歳の幼児はまだまだ自転車初心者です。まずは子ども用の自転車でたくさん練習しましょう。おすすめの子ども用自転車をまとめました。

身体のサイズに合った自転車を選ぼう

無料の写真: 自転車, 子供たち, 散歩, フォレスト, スポーツ, 旅行, 乗車 - Pixabayの無料画像 - 1534025 (58952)

4歳から6歳の男の子は、子どもによって身体の大きさに差があります。
年齢にとらわれず、身体に合わせた自転車を選ぶようにしましょう。

【身体の大きさと自転車のサイズの目安】
95~114cm:14インチ
101~119cm:16インチ
106~123cm:18インチ
114~137cm:20インチ
126~145cm:22インチ

ただし、これらはあくまでも目安です。実際にまたがってみて、つま先が地面につくかなどを確認しましょう。

Peopleいきなり自転車プレミアム

Amazon | People(ピープル) いきなり自転車プレミアム かじとり式&折りたたみ 14インチ YGA300 プレミアムレッド | 子ども用自転車 | スポーツ&アウトドア 通販 (58954)

商品名:いきなり自転車プレミアム かじとり式&折りたたみ YGA300
販売元:People
2歳から6歳までの、自転車初心者の子どもをサポートしてくれます。
大人がかじとりできるので、はじめての自転車にぴったり。子どもが怖がることなく、自転車に慣れることができます。

サドルとハンドルの位置を調整できるので、長い期間乗り続けたい、買い替えしたくないという方にもおすすめです。

REEDSPORT

Amazon | リーズポート(REEDSPORT) 補助輪付き 組み立て式 子供用自転車 幼児自転車 | 子ども用自転車 | スポーツ&アウトドア 通販 (58958)

商品名:REEDSPORT 補助輪付き
販売元:チャリンクス
REEDSPORTの自転車は14~18インチまでサイズを選択できます。カラーバリエーションも8色あるので、お子さまが好きな色を選んであげてくださいね。

自分で組み立てるタイプなので、お値段がとてもリーズナブル。組み立て方も簡単ですから、苦手な人でも安心です。お子さまと一緒に作業すれば、自転車に愛着を持ってもらえるかもしれませんね。

DOPPELGANGER

 (64724)

商品名:子ども用自転車 [付け替えできる補助輪/スタンド付属] 前後V型ブレーキ [適応身長目安:110cm~] ブラック×レッド DXR16-RD ブラック
販売元:DOPPELGANGER
大人にもファンが多いDOPPELGANGERの自転車。フレームパッドやチェーンなど、細部までこだわりが見られます。「いつか親子一緒に自転車で駆け回りたい」、そんな夢を見られる自転車です。

この機会に、家族そろってDOPPELGANGERのDUB STACKシリーズに乗ってみてはいかがでしょうか。

My Pallas

Amazon | My Pallas(マイパラス) 子ども用自転車 MD-10 16インチ ブラック | 子ども用自転車 | スポーツ&アウトドア 通販 (58971)

商品名:子ども用自転車 MD-10
販売元:My Pallas
安全面とデザイン面の両方に配慮して作られたMy Pallasの自転車です。フレームパッドやハンドルパッドが標準装備されており、補助輪付き。サポート付きサドルを採用しているので、自転車に乗る練習をする際、パパママが車体をしっかり支えてあげられます。

前後輪には泥除けフェンダーが付き。アウトドアで使う自転車としてもおすすめです。

DEEPER

Amazon | DEEPER(ディーパー) 16インチ子供用自転車 バスケット付き クラシックデザインが人気の幼児用自転車 DE-001 ネイビー | 子ども用自転車 | スポーツ&アウトドア 通販 (58976)

商品名:16インチ子供用自転車 DE-001
販売元:DEEPER
ホワイトとのコントラストがレトロで可愛いDEEPERの自転車。チェーンがフルカバー仕様になっており、泥除けも付いているため、服を汚したくないという方におすすめです。

レッド、ネイビー、イエロー、ピンクの4色展開。

自転車をきっかけにコミュニケーションを……

スピードがあり、自由自在に操れる自転車は、子どもにとって憧れの乗り物のひとつ。

子ども用自転車の種類は昔よりも増えています。
「どんな自転車がいい?」「色は?」「今日はどこへ行く?」など、自転車をきっかけに親子のコミュニケーションを深めていきましょう。親子で一緒にサイクリングへでかけるのもおすすめです。

元のページを表示 ≫

関連する記事

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup