長期投資の期間はどれくらい?なぜ運用初心者におすすめなの?

長期投資の期間はどれくらい?なぜ運用初心者におすすめなの?

Bu facebook
Bu twitter

資産運用を検討するにあたり、“運用初心者には「長期投資」がおすすめ”という話を聞いたことのある方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?その際に気になるのが、具体的にどれくらいの期間を指すのか?また、なぜ運用初心者におすすめなのか?ということですよね。そこで今回は、長期投資の期間やメリット・デメリットについて解説いたします。

■そもそも長期投資とは?期間は一体どれくらい?

資産運用初心者におすすめの「長期投資」。その名の通り、長期投資とは目先の値動きに一喜一憂せず長期にわたって投資することを指します。よって、毎日値動きをチェックして細かく売り買いをする、デイトレーダーとは真逆の投資手法となります。では、長期投資について以下でさらに詳しくみていきたいと思います。

資産運用には、大きく分けて「安い時に買って、高い時に売る」ことでキャピタルゲイン(売買益)を得る方法と、「利息や配当金で稼ぐ」というインカムゲインを得る方法とがあります。インカムゲインは、その資産を保有している期間ずっと享受することができますよね。ということは、長期投資の場合は必然的に資産の保有期間が長くなるので、より多くのインカムゲインを受け取ることができるというわけです。このことは、たとえば「1年定期」と「10年定期」を比較した際に、トータルすると10年定期のほうが多くの利息がもらえることからも明らかです。

では、キャピタルゲインに関してはどうでしょうか?

言うまでもなく、営利企業は売り上げ・利益の拡大を目的として日々経済活動をしています。言い換えるならば、企業が先々も経済活動を続けていくことを考えれば、年月を重ねるにつれ売り上げ・利益ともに増えていくことが予想されますよね。ということは企業業績の上昇に伴い、“長い目で見れば”株価も上がっていくことが予想できるというわけです。そういう意味では、長期投資を選択したとしてもキャピタルゲインを得ることができます。つまり長期投資は、インカムゲインとキャピタルゲインの両方を得ることができるということです。

そんな長期投資ですが、一般的に投資期間が5年以上あるものを長期投資と呼んでいます。

■長期投資が資産運用初心者におすすめな理由とは?

長期投資が初心者向けと言われるもう一つの要因として、長期投資をすることでリスクを低減できるということが挙げられます。たとえば、年間2%の配当がつく株式があったとします。単純に10年間その株式を保有していた場合、投資元本に対して20%分の利息を受け取ったことになりますね。仮に10年後に株価が20%下落しても、受け取った配当を考えれば損はありません。つまり、長期にわたって受け取った配当が株価の減少リスクをヘッジしてくれたのです。実際には配当にも課税されるので、上記ほど単純な計算とはなりませんが、しっかりとインカムゲインを得られるものに長期投資をすれば、投資元本が減ってしまうリスクを軽減してくれるというわけですね。

資産運用初心者にとって、最も心配なのは損をすることですよね。長期投資であればこうしたリスクも低減してくれるため、資産運用初心者にも始めやすい投資手法としておすすめされているのです。

■長期投資のデメリットとは?向かない人はどんな人?

逆に、長期投資のデメリットとは何でしょうか?

それは、「時間がかかる」ということです。長期投資という性質上、時間を犠牲にする必要があり、短期的にお金を増やすことはできません。そのため、「手っ取り早く収益を上げたい!」そんな方には向かない投資手法といえます。

また、お金の流動性も考えておく必要があります。基本的に、投資期間中はその資金を自由に使うことができませんよね。こちらも長期投資という性質上、自由にお金を使えない期間が必然的に長くなってしまいます。そのため、急な出費に備えた予備資金は、別途残しておく必要がありますね。

こうしたことから、以下のようなタイプの方にはあまり向かないかもしれません。

・長期投資する時間が少ない高齢者
・余裕資金がない方
・すぐに収益を上げたい方

やはり、長期投資は「時間的に余裕がある若い方」が「余裕資金」でやるべき投資手法ということですね。

インカムゲインもキャピタルゲインも享受できて、リスクヘッジすることもできるため、資産運用初心者におすすめな長期投資。では、どんな商品で始めるのが良いのでしょうか?

前述でお伝えした株式以外にも、外貨建て商品など長期投資にふさわしい商品はたくさんあります。どんな商品が向いているのかな?と悩まれた方は、まずはお金の専門家であるファイナンシャルプランナー(以下、FP)に相談してみてはいかがでしょうか?Sodanでも、無料でFPに相談できるサービスをご用意しておりますので、ぜひお気軽に利用してみてくださいね!

【何度でも無料!】Sodanの対面相談はこちら

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup