台所をスッキリ収納する方法!100均グッズやDIYで問題解決

台所をスッキリ収納する方法!100均グッズやDIYで問題解決

Bu facebook
Bu twitter
台所は調味料から調理器具、食材までいろんなものがあふれる場所です。だからこそ、使いたいときに使いやすい場所にきちんと整理しておきたいものです。今回は、便利なグッズやDIYでスッキリと、そしておしゃれに台所収納できるワザを紹介します。

おしゃれで使いやすい!台所の収納術

台所には最初からシンク下に収納があり便利ですが、使い方によっては物がごちゃごちゃになってしまうこともあります。

まずは、台所の場所別におすすめの収納術をいくつか紹介していきます。100均などの安いグッズを使ってできるワザがたくさんあるので、参考にしつつ自宅の台所収納に取り入れてみてはいかがでしょうか。

シンク下収納のコツ

DIYで手作り棚を作る

シンク下の広い収納に、突っ張り棒とミニすのこ、台やプラスチックケースを活用してスッキリ収まるように配置し、手作りの棚を作っています。

これなら、細かい台所用品もバラバラ、ぐちゃぐちゃになることなく収納することができます。用途別、または種類別に容器を分けて収納することもできます。

100均カゴで取り出しやすい工夫を

醤油やみりん、サラダ油などの調味料は、ボトルのサイズも大きくてシンク下の収納スペースに収めることが多いと思います。並べて置いておくと奥のものが取り出しにくい、なんてこともありませんか?

そんなとき、このような100均で買えるスリムなカゴを使えば、手前に引いてサッと取り出すことができるのでおすすめです♪

デッドスペースを活用して

シンク下の扉の内側には包丁を収納する場所がありますよね。同じように、おたまや木べらも吊るして収納してみませんか?

このように、両面テープなどで張り付けるタイプのフックを使い、ワイヤーネットを使って好きな位置にフックを吊り下げます。そこに大きさに合わせた調理器具をかければ完成です。閉めてしまえば外からはわからないので、台所がきれいに片付きます。

引き出し内収納のポイントとは?

形によって置き方を変えてみて

次は引き出し収納のポイントです。まずは、食器の形や大きさによって置き方を変える工夫をしましょう。

このように、大きめの平皿は立てて置き、お茶碗、お椀、スープマグなどの深くて直径が小さい食器は上下に重ねて収納します。特に平皿は立てた方が取り出すときも便利です。醤油皿のような小さい食器は隙間を活用したいですね。

仕切りを作る

食器を立てて収納する場合、何も仕切りがないと倒れてしまいます。仕切り板や、書類ケースのような縦長のケースをうまく活用しましょう。そうすれば食器の種類別に仕分けることもできますし、何か取り出した際に別の食器が雪崩のように倒れる、ということもありません。

大小いろんなサイズの仕切りを活用して、食器のサイズに合わせた工夫をするといいです。

調味料は上からもわかりやすく

引き出しは細々とした調味料を収納するのに便利です。買ったままの容器では上から見たときに何かわからないこともありますよね。

そんなときは、調味料の容器の上に名前を書いたシールやテープを貼っておきましょう。容器は同じ商品・メーカーでそろえるとスッキリして見えます。調味料の見分けに色を使うのもいいかもしれません。

整頓された棚の収納方法とは?

使うものだけをスッキリ並べる

特に、外から見えてしまう食器棚の場合、整理整頓は欠かせません。このようなオープンラックを食器棚として使うのであれば、日常的に使うものだけを並べるようにしましょう。何から何まで並べてしまうとごちゃごちゃしてしまいます。普段、使わないものは取り出しにくい所にあっても不便にはなりません。

ファイルボックスを活用

文房具用のファイルケースも台所収納におすすめです。このように、台所の上にある戸棚は高い所に手が届きにくいですが、引っ張りやすい穴が開いたものや取っ手付きのケースを設置すれば取り出しやすくなります。上から物が落ちてくることも防げます。

見せない工夫でスッキリ

これは特にオープンラックで活用したいワザですが、見える棚は置いている物が見えない工夫をするとスッキリして見えます。

市販の食品パッケージや、台所掃除グッズなどの容器がそのまま並んでいると、生活感が出て不細工な台所になってしまいます。もちろん生活感を出すのが、必ずしも悪いというわけではありませんが、同系色でまとめた棚はおしゃれです。

コンロ周りの収納アイデア

突っ張り棒でフタを収納

コンロ周りは、奥が壁になっていることが多いと思います。そのままにしていてはもったいない!ちょっとしたスペースが空いているなら、突っ張り棒を使って鍋フタの収納を作ってみませんか?

細々としたネジや特別な道具は必要なく、買ってきた突っ張り棒を横に張るだけなのでとても簡単です。

狭いキッチンに◎吊り下げ収納

レンジフードの下は意外と見落とされがちですが、収納として使いやすいスペースです。ここに吊り下げの鍋フタホルダーやフックをかけ、フライパンからフライ返し、鍋フタなどさまざまな調理器具をぶら下げることができます。

料理をしながら使いたいものをパッと取ることができるのでおすすめです。

調味料を使いやすい位置に

台所の設計上、コンロの奥や横にはちょっとした空きスペースがあります。ここを活用して、調味料棚を設置します。もちろん、そのまま並べるだけでも十分手に取りやすく便利ですが、調味料ラックを使えばもっとたくさんのものを並べることができます。塩・砂糖やいろんな種類のスパイスを並べてみてはいかがでしょうか。

台所収納の人気アイテム5選

1. 大小収納可能「パール金属 プリペア フライパン ラック」

パール金属 プリペア フライパン ラック ピンク H-5950

フライパンや鍋フタ収納として、縦置きにも横置きにも使える便利なラックです。シンク下の収納やコンロ周りなど、使いやすい場所に置いて使うことができます。また、ワイヤーとワイヤーの間隔は調整可能です。

調理器具が増えたらぜひ使いたいのがフライパンラックです。ただ単に並べて置くにも限度があるので、便利にひとつずつ取り出しやすいラックを活用すると料理が楽になります。

間隔は調整できるので、鍋フタやフライパンなど、大小さまざまなサイズのものを収納できます。

グッズ情報

■サイズ(約):縦置時/235×215×390mm、横置時/390×235×215mm
■重量(約):540g
■材質:枠部/ポリスチレン(耐熱温度80度)、ワイヤー/鉄(クロムめっき)
■耐荷重(約):5kg

2. 取り出しやすいスライドタイプ「パール金属 日本製 シンク下 スライド 収納」

パール金属 日本製 シンク下 スライド 収納 ストッカー 2段 深型 アレンジフリー H-5804

棚をスライドできる便利な2段ストッカーです。下段の棚は深型と浅型があり、用途に合わせて選ぶことができます。シンク下の収納グッズとして使えば、スライド式なので奥のものが取り出しやすくなります。

収納のひとつとして導入したいのが、スライドストッカーです。特にシンク下の収納は広く、奥まで手が届きにくいことも多いです。そんなとき、スライドストッカーを置いておけば楽々物を取り出すことができます。

上の浅い棚には軽いものを、下の棚には大きいボトルなどを置くのがおすすめです。

グッズ情報

■サイズ:230×395×450mm
■材質:サイドフレーム・フック/ポリスチレン(耐熱温度70度)、ストッカー/ポリプロピレン(耐熱温度100度)、パイプ/鉄(ABS樹脂コーティング)、すべり止め/シリコーンゴム
■耐荷重(約):上段/3kg、下段/4kg

3. レンジフード下を活用「山崎実業 レンジフードなべ蓋ホルダー」

山崎実業 レンジフードなべ蓋ホルダー タワー ホワイト 2979

鍋フタをレンジフードの下に収納するためのホルダーです。3つまで収納可能で、鍋フタ以外にもまな板をかけておくこともできます。ホワイト・ブラックの2色展開で、台所に合う色を選べます。

レンジフードの空きスペースを活用できるホルダーです。鍋フタだけでなく、まな板もかけることができるので便利です。壁の色や台所のスタイルに合わせて、ホワイトかブラックを選べるのもポイント。油が飛び散りやすく汚れやすい場所なので、ブラックが人気のようです。

グッズ情報

■サイズ:170×135×470mm
■材質:本体/スチール(粉体塗装)、キャップ/シリコーン
■耐荷重:約3kg(ハンガー1つあたり約1kg)
■カラー:ホワイト、ブラック
■備考:レンジフードの幅/約17cm以上、折り返しの厚さ/約3mm以内、折り返しの高さ/約7mm以上、溝幅/約3mm以上、直径15cm以上のなべ蓋に対応

4. よく使うグッズはワゴンに「山善 キッチンワゴン バスケットトローリー」

山善(YAMAZEN) キッチンワゴン バスケットトローリー キャスター付き ホワイト LBT-3(WH)

キャスター付きのキッチンワゴンで、3段に分かれてバスケットが付いています。バスケットの上下間隔は調節可能なので、入れるものによって高さを変えることができます。5色のカラー展開となっています。

台所備え付けの収納に物が入りきらないときに活用したいのがワゴンです。こちらの商品はキャスター付きなので、作業に合わせてワゴンを移動できるので便利!5色のカラー展開なので、インテリアに合わせて選ぶことも。

台所以外でもさまざまなシーンで活用できるのもポイントです。

グッズ情報

■サイズ:460×380×810mm、バスケット内寸(最大値):390×295×850mm
■材質:スチール(粉体塗装)
■耐荷重:1段あたり20kg、全体60kg
■カラー:アイボリー、ターコイズブルー、ダークブラウン、ブラック、ホワイト
■備考:カゴ内寸高さ参考値:中段22.5 下段34cm(最上段、中段は下から14段目、最下段に設定時)

5. シンク下にスッキリ収納「川口工器 ステンレス棚」

川口工器 かさばる器物収納に便利! ステンレス棚 シンク下 スライドラック (幅50 3段) 18254

スチールとステンレス素材の頑丈なスライド棚です。シンク下の収納にちょうどいいサイズで、フライパンのような大きなものからラップやキッチンペーパーなどを収納可能。3段ともスライド機能付きです。

棚本体はスチール、スライド板はステンレスでできており、プラスチックなどと比べて頑丈で壊れにくい作りなのが特徴です。中段にも安心してフライパンのような重いものを置くことができます。

上中下で耐荷重が異なるので、それに合わせて活用しましょう。

グッズ情報

■サイズ:510×460×473mm、内寸上引出/455×352×50mm、中段トレー/458×355mm、下段トレー/458×410mm、内寸高/130mm・下約200mm
■重量:約6.0kg   
■材質:本体/スチール(クロムメッキ) 棚・仕切り/ステンレス
■付属:仕切り×2 マグネット×4 転倒防止金具×1
■耐荷重:上・中段約4kg・下段約10kg 組立時間:お一人で約30分 日本(金物の町燕三条)製

使いやすく自分のスタイルにカスタマイズ

台所の収納は、工夫すればするほど便利になりますね。もちろん値が張るグッズもありますが、アイデア次第で安いグッズも使いやすく、台所をおしゃれにカスタマイズできます。調理器具は必要に合わせてどんどん増えていくので、より使いやすくなるように意識してみてください。

今回紹介した収納例を参考に、まずは100均の手頃なグッズを活用しながら自分らしい台所を始めてみませんか?だんだん楽しくなってきて、DIYの腕も上がるかもしれませんね♪
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
台所は調味料から調理器具、食材までいろんなものがあふれる場所です。だからこそ、使いたいときに使いやすい場所にきちんと整理しておきたいものです。今回は、便利なグッズやDIYでスッキリと、そしておしゃれ…
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup