濃厚な旨みがたまらない! 「カキのガーリックオイル焼き」

濃厚な旨みがたまらない! 「カキのガーリックオイル焼き」

Bu facebook
Bu twitter
正直なところ、牡蠣はそれほど好物ではありませんでした。ところが、一度この味を知ってしまったらもう、スーパーで生牡蠣を見つけたら素通りができなくなってしまいました!

香ばしいニンニクの香りと、口のなかに広がる牡蠣の濃厚な甘み。アヒージョほどオイルをたっぷり使わなくても、しっかり牡蠣の旨みは引き出せます。

これをおつまみとして作ると、ワインがあっという間にすすんで、これまたキケン…!

残ったオイルはもちろん、バゲットなどのパンでもれなく拭っていただきましょう。

■カキのガーリックオイル焼き

調理時間10分 131Kcal


レシピ制作:調理師、食生活アドバイザー、ライター 池田絵美


<材料 2人分>
カキ(生食用) 8個
 塩コショウ 少々
 小麦粉 大さじ1
オリーブ油 大さじ1
ニンニク 1片
ネギ(刻み) 大さじ1


<作り方>
1、カキはよく水洗いし、ペーパータオルで水気を拭く。ニンニクはみじん切りにする。

2、焼く直前にカキに塩コショウ、小麦粉をまぶして、余分な粉を落とす。フライパンにオリーブ油とニンニクを入れ、香りが出てきたら、カキを入れ炒める。

3、火を強めの中火にして、カキにあまり触らないように両面こんがり色づくまで焼く。皿に盛り付け、刻みネギを散らす。


お好みでポン酢をつけて食べても、ひと味違うおいしさに出会えますよ。
(フジノアサコ)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup