寒いのに寝汗が…!? 赤ちゃんの冬用布団、どうするべき?

寒いのに寝汗が…!? 赤ちゃんの冬用布団、どうするべき?

Bu facebook
Bu twitter

体温調節がまだ難しく、気づけば意外と寝汗をかいているのが赤ちゃん。風邪をひかせたくないけれど、布団の着せ過ぎで寝汗ビッショリになるのも困りますよね。冬用の布団やパジャマについて考えてみました。

多くのママが悩む、冬の寝具問題

冬本番という感じで、毎日寒い日が続いていますね。可愛い赤ちゃんに風邪をひかせたくないのは、すべてのママが思うことだと思います。ですが、体温調節機能が未熟で、意思表示もできないのが赤ちゃん。昼間はずっと暖房をつけていられるし、背中などをさわって寒くないか、汗をかいていないかと確かめることができるので、まだよいでしょう。しかし、夜ともなると、ママもずっと起きていて赤ちゃんの様子を確かめるわけにもいきませんし、夜中の冷え込みも心配です。寝る時に何を着せてあげればいいのか迷うママは、たくさんいらっしゃるようです。
この意見に深く共感するママは、きっと多いですよね。実際、私自身もそうでした。あたたかい素材の肌着やパジャマを着せ、毛布に掛布団も着せたから寒さ対策は完璧!と思っていたのに、夜中に泣いて起きた赤ちゃんの背中は寝汗がいっぱい…。着替えさせてあげたいけれど、寒い夜中に肌着を替えていたら、その間に体がもっと冷えちゃいそうだし、どうすればいいの!?と困った夜もありました…。

もうひとつ悩みの種だったのが、「なぜおとなしく布団を着ていてくれないのか…」という問題。我が家の子どもたちは赤ちゃんの頃から寝相が悪く、夜中でもベビーベッドのなかをあちこち転がりながら寝るタイプだったので、真冬であろうと気がつけば布団を何も着ていないということが多々ありました。それを見つけるたびにギョッとして、慌てて布団をかけるということが何度もありました。

睡眠時の着せ過ぎは要注意!

冬であってもバンザイをして布団から手を出して寝ていることの多い赤ちゃん。その手足を触ってみたら、ビックリするほど冷たかったという経験はありませんか? 氷のように冷たいのに、本人は意外と平気そうにスヤスヤ眠っていたりしていて、寒くないのかな?と不思議に思ったママもいらっしゃると思います。

体温調節機能がちゃんと機能するようになるのは2歳頃からと言われていますが、それまでの間は赤ちゃんは手や足で体温を調節しています。ですから、体があたたまってさえいれば、手先・足先が冷えていても大丈夫なんですよ。

むしろ怖いのは、手や足まですっぽり覆ってしまって、体温調節を妨げてしまうことのほうなんです。

体をあたため過ぎて赤ちゃんが「うつ熱(高体温)」に陥ると、酷い時には呼吸機能に影響がでて低酸素状態になってしまいます。この低酸素状態が乳幼児突然死症候群(SIDS)の一因ではないかという研究も進んでいますから、睡眠時の着せ過ぎには十分注意しなくてはいけません。

赤ちゃんの手足は、体にこもった熱を体外に放出するためのルートのようなもの。首の裏や背中があたたかければ、手や足が冷たくてもOKと考えてください。冷たくなっていると心配になるかもしれませんが、赤く腫れたり、しもやけになっていなければ大丈夫ですので、寝る時には靴下などははかせないようにしましょう。

●参考サイト 久保田産婦人科麻酔科医院
「乳幼児突然死症候群(SIDS)の新仮説と発生機序 ー赤ちゃんの着せすぎに注意ー」
http://www.s-kubota.net/main/medical.htm

冬用布団問題にまつわるママたちの声

やはりこの時期は、赤ちゃんの布団問題で悩むご家庭が多いようです。ママたちのさまざまな嘆きや悩める様子をご紹介します。思わず「分かる〜」「ウチも一緒!」と言いたくなるような、リアルな声がたくさんありました。
やはり赤ちゃんは暑がりですよね。良かれと思って布団をかけてあげても、泣いたり怒ったりして布団を蹴散らす赤ちゃんは多いようです。本当に見ているだけでこちらが寒いですが、スヤスヤ寝ていることが多いので、意外と大人が思うほど寒さは感じていないのかもしれません。
ちなみに、こちらのお子さんは自力でズボンを脱いだようですが、我が家の息子は暑いとズボンだけでなく、パンツまで脱いで寝ている時があるので本当にビックリします(笑)。開放的過ぎて困ります。これで風邪をひかないのが不思議で仕方ありません。
とても斬新なアイデアです(笑)。何を着せてあげればいいのか分からないという意見は数あれど、まさかこんな対処法をしている方がいらっしゃるとは。確かに軽くてあたたかそうですが、動くたびにあのシャカシャカという音がして、気になりそうです…。この後でnicottieおすすめのアイテムを紹介しておりますので、ぜひ参考にしていただきたいです。
小さい赤ちゃんに布団を重ねると、確かに布団が寝ているような見た目になりますね。寒くないようにと布団を重ねたくなる母の気持ち、とてもよく分かります。ですが、着せ過ぎにはくれぐれもご注意ください。赤ちゃんの衣服は大人より1枚少ないくらいでちょうど良いと言われるとおり、寝る時のパジャマや布団もあまり着せすぎないようにしましょう。首の裏やお腹、背中などを確認してみて、冷たくなっていなければ大丈夫ですよ。
世代間で子育てに関する常識や知識の違いがあるので、こういった意見の食い違いに困ってしまうこともあると思います。赤ちゃんのうつ熱やSIDSに関する最新の情報を説明し、着せ過ぎ・あたため過ぎは危険だということを、おじいちゃん・おばあちゃん世代の方にも理解していただきたいですね。
私もこの方の意見に同意です。赤ちゃんって、泣かない限りはジッとしてすやすや眠っているものだとばかり思っていましたが、そうでもないんですね…。寝相が悪くて困るという声は、数多くありました。
スリーパーについてはこのあとご紹介いたしますが、この方と同じようにスリーパーのありがたみを実感しているママは多いと思います。とても便利で、持っておいて損はないベビーグッズのひとつだと思います。

体温調節に便利なオススメアイテム

赤ちゃんを寒さから守りつつ、手や足の体温調節を妨げないためには、やはりママの試行錯誤が必要となってきます。少しでもママの負担を減らすために、オススメのアイテムをご紹介します。

【20%OFFクーポン対象】ふわふわ綿毛布の2WAYスリーパー|通販のベルメゾンネット

3,490(税込¥3,769)
赤ちゃんの冬用アイテムのなかで絶対に欠かせないもの、ほとんどのママが持っているものと言えば、スリーパーではないでしょうか。いわゆる“着る毛布”ですね。
寝相の悪い我が子たちも、スリーパーには本当にお世話になりました。布団や毛布を着せることは半ば諦め、冬はスリーパーに頼り切りでした。寒さに応じて、中に着せる肌着を半袖にしたり長袖にしたり、パジャマをあたたかい素材のものに変えてみたりと苦心はしたものの、スリーパーを着てるから寒すぎることはないだろう、という安心感があったのを覚えています。
こちらのスリーパーは綿100%の安心素材。お洗濯のしやすさもうれしいですね。

長袖フリーススリーパー|通販のベルメゾンネット

3,075(税込)
あたたかなフリース素材の長袖スリーパーです。薄手なので、中に着るものや上に掛ける布団との調節もしやすそうです。ワンサイズしかありませんが、裾が2wayになっているので長く着られそうですね。手や足が出ないようでしたら、袖や裾を少し折って着せてあげてください。

ふわふわ国産6重ガーゼスリーパー|通販のベルメゾンネット

5,490(税込¥5,929)
生地を重ねると、生地と生地の間に空気の層が出来て保温性が高まることはよく知られていますね。こちらのスリーパーは6重織のガーゼで出来ており、体を自然なあたたかさで包んでくれます。ガーゼならではの通気性の良さも、汗っかきな赤ちゃんに向いていますね。

ベビー布団7点セット|通販のベルメゾンネット

13,900(税込)
これからベビー布団を購入するという方におすすめしたいのが、こちらのセット。何故かと言うと、掛け布団が2枚ついているからなんです。1枚1枚は肌掛け布団ほどの薄さで、2枚を重ねてズレ防止のループで結びつけることで、通常の掛け布団1枚ほどの厚さになります。気温に応じて掛け布団の使い分けが出来るので、何かと便利ですよ。

今治産4重ガーゼケット|通販のベルメゾンネット

2,990(税込¥3,229)
意外と思われるかもしれませんが、冬でも重宝するのが、ガーゼケット類。先ほど赤ちゃんの着せ過ぎ・あたため過ぎには注意が必要とお伝えしたとおり、スリーパーを着せた赤ちゃんに、毛布や掛布団をかけて大丈夫かな? と心配になる日もあると思います。そんな日には、ガーゼケットやタオルケットをお腹周りにかけて、様子を見てあげるのも良いですね。
冬用の毛布や布団だけじゃなく、こういったガーゼケット類をママの手元に用意しておくと安心ですよ。

布団類を上手に使い分けよう

睡眠時の赤ちゃんの体温調節は、慣れるまでは大変かもしれません。ですが、日々赤ちゃんを見ているママだからこそ、気づけることもたくさんあると思います。布団やパジャマ、スリーパーなどを上手に使い分けながら、赤ちゃんの様子をよく見てあげてくださいね。

元のページを表示 ≫

関連する記事

体温調節がまだ難しく、気づけば意外と寝汗をかいているのが赤ちゃん。風邪をひかせたくないけれど、布団の着せ過ぎで寝汗ビッショリになるのも困りますよね。冬用の布団やパジャマについて考えてみました。
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP