じめじめした空気に要注意!6月頃~夏にかけてかかりやすい子どもの病気4つ

じめじめした空気に要注意!6月頃~夏にかけてかかりやすい子どもの病気4つ

Bu facebook
Bu twitter

だんだんと湿度が高くなり、じめじめと過ごしにくい季節がやってきましたね。4月から新生活がはじまったという人も、そろそろ疲れが出てくるのがこの時期。学校や園でも、夏の感染症が流行りだします。

そこで、今回は、6月から夏にかけて子どもがかかりやすい病気予防法をまとめてご紹介します。

1.手足口病

『手足口病』は、口の中や手などに2~3mmの水泡性の発疹ができる病気で、主に夏に流行し、毎年7月下旬に流行のピークを迎えます。

感染すると、3~5日後に症状があらわれ、発熱することも。ですが、高熱が続くことはなく、ほとんどの場合、数日で治る病気だといわれています。

まれに症状が重篤化したり、合併症を引き起こしたりすることもあるので、かかった場合はしっかりと病院で診てもらうようにしましょう。

特に乳幼児を中心にかかりやすく、飛沫感染や接触感染、糞口感染によって感染するといわれているので、保育所や幼稚園などでは、衛生管理に注意が必要です。おうちでも、手洗い、うがいを習慣づけておきたいですね。

また、発疹が消失したあとも、便からのウイルスはしばらく排泄されます。そのため、おむつ交換の際は、排泄物を正しく処理し、しっかりと手洗いをすることが大事です。

2.ヘルパンギーナ

いわゆる夏風邪の代表格ともいわれているのが『ヘルパンギーナ』。突然の発熱が2~4日続き、のどの奥が赤くなり、痛みを伴うのが特徴です。また、口の中に1~5mmほどの小水泡ができます。

5月ごろから増え始め、6~7月に流行のピークを迎えます。5歳以上の子どもの感染が多く、特に1歳代が最も多いともいわれています。

飛沫感染や接触感染、糞口感染によって感染するので、予防するには、うがい、手洗いは徹底し、手指は消毒するようにしましょう。

かかってしまった場合は、突然の発熱やのどの痛みのため、脱水を引き起こさないように注意が必要です。しっかりと水分補給をし、柔らかく、薄味で食べやすい食事を摂らせるようにしましょう。

また、回復しても約1か月はウイルスが便に排泄されるため、排泄物を正しく処理し、しっかりと手洗いをするよう注意しましょう。

3.とびひ(伝染性膿痂疹)

『伝染性膿痂疹』は、中心が赤く見える水泡や膿がたまった皮疹(膿ほう)ができる病気です。接触により、火事のように広がることから『とびひ』と呼ばれています。

発症は夏に多く、7月に流行のピークを迎えます。乳幼児の発症が多く、接触感染で感染します。

かかってしまった場合は、かさぶたが乾燥するまで患部を触らないようにし、早めに皮膚科にかかるようにしましょう。また、体や身の回りを清潔にすることも大事。子どもが触ってしまいそうであれば、清潔なガーゼで覆うといいでしょう。

予防には、爪を短くし、こまめな手洗いが大切です。

4.咽頭結膜熱(プール熱)

『咽頭結膜熱(プール熱)』は、主にアデノウイルスに感染することで起こる、急な発熱、喉の痛み、結膜炎などの症状が出る病気です。発熱やのどの痛みに加え、目の充血や痛み、目やにや涙が出るのも特徴的。6月ごろより増え始め、7~8月にピークを迎えます。

感染経路は主に接触感染ですが、飛沫感染で移る場合も…。このアデノウイルスはとても強力なので、学校安全法により、主要症状が消失したあと、2日を経過するまで出席停止となります。

直接接触だけでなく、感染者が触ったドアノブや手すりなどを触るだけで感染してしまうこともあるので、こまめな手洗いや消毒がとても大事。家族がかかってしまったら、タオルやシーツなどの共用は避けるようにしましょう。

また、目が赤く目やにが出るなどの症状が強い場合は、眼科の受診が必要です。

これらの病気を予防する方法の基本は、“手洗い”や“うがい”です。また、日ごろから清潔を心がけ、正しい日常生活を送ることもとても大事。

かからないように気を付けることも大切ですが、万が一かかってしまったら、すぐに医療機関にかかるようにしましょうね。

PHOTO/Joana Lopes/Shutterstock
参照/
いしゃまち「夏に大流行する「手足口病」予防のために今すぐできる3つのこと」
厚生労働省「手足口病に対するQ&A」
国立感染症研究所「ヘルパンギーナとは」
東京都感染症情報センター「ヘルパンギーナ Herpangina」
ヘルスケア大学「とびひ(伝染性膿痂疹)の症状を悪化させないためのホームケア」
プール熱(咽頭結膜熱)の出席停止期間は?登園・登校の目安と注意点
感染症・予防接種ナビ「咽頭結膜熱とは」

関連コラム

ヘルパンギーナってどんな病気?脱水症状対策がポイント
入園後は要注意!子どもがかかりやすい感染症と予防ポイント
夏のプールにご用心!『咽頭結膜熱(プール熱)』に気をつけよう
子どもの急な発熱、どうすればいい?小児科に連れて行く前に確認すべきチェックリスト
“3秒で泣き止んで3分で寝る”は本当だった!話題の『まぁるい抱っこ』とは?

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup