【シリーズ・遊びも丸ごと脳育 Vol.2】脳を育てる遊びのサポートとは

【シリーズ・遊びも丸ごと脳育 Vol.2】脳を育てる遊びのサポートとは

Bu facebook
Bu twitter
■保育所や幼稚園の先生がやっている“遊び”のサポートを知ろう
「保育所や幼稚園にいる先生たちは、毎日子どもと遊んで過ごせていていいなぁ」と思ったことはありませんか?

でも、先生たちは遊びの中でさまざまなことを考え、子どもの成長のために多くの工夫を凝らしながら過ごしてくれています。

【シリーズ・遊びも丸ごと脳育 2】脳を育てる遊びのサポート

(c)ucchie79 - Fotolia.com



今回は、そんな先生たちが行ってくれている“遊び”のサポートについてご紹介します!

■先生はただ一緒に遊んでいるわけではありません!
先生たちは、ただ子どもと一緒になって遊んでいるわけではありません。一緒に思いっきり遊んでいるように見えて、子どもたちに危険が及んでいないか、お友だちと揉めている子はいないか、遊びに参加できていない子はいないかなど、さまざまなことに気を配りながら動いています。

また、そうした注意を払っているだけでなく、“遊び”のサポートもしています。

サポートをするためには以下のポイントで遊びを見ています。

・今やっている遊びをどう発展していけるか


・もっと楽しく遊べるためには、何が必要か


・子どもたちの興味関心に沿った次の遊びはどんなものがいいか



同じ年長であっても、子どもたちによって成長の度合いも興味の対象も変わってきます。“去年と同じ”、“前に年長の担任をしたときと同じ”にはいきません。

目の前の子どもたちの様子をしっかり見ながら、“遊び”に本気で向き合ってくれているはずです。


■遊ぶためには環境が大事
“遊び”のためには環境がとても大事な役割を担っています。環境とは、物の用意や、遊ぶ場所・時間の確保はもちろん、遊びのアイディアを教えたり、みんなで一緒に過ごすときの遊びとして取り入れたりすることも含まれます。

たとえば、おままごとをしたい子どもがいるところに、キッチンセットやお皿、野菜などの“おもちゃ”を用意しておくのも環境を整えることになります。

一方で、あえておもちゃを用意せず、キッチンセットが作れるような箱を置いておいたり、折り紙やクレヨンなどの道具を出しておいたりすることがあります。

そして子どもたちから「フライパンがない」「お野菜がない」と言われたら、「これで作ってみたら?」「こうするとキャベツになるよ」と提案したり、やって見せたりして作るところから遊びをスタートするよう促すのです。

これは、おままごとという、ひとつの遊びをするために準備するとことから“遊び”として取り組むための環境準備の一例です。

さらに先生たちは、遊びが始まってからも、作り方で困っていたら声をかけてアドバイスをしたり、新たな道具を出したりと“遊び”を発展させ、より楽しめるようにサポートしています。


■用意の難しさ
上記の例のように、おもちゃを用意するパターンと、道具を用意するパターンなどを変えていくには、年齢やそれまでの子どもたちの活動から考えていかなければなりません。

年少の初め頃には、自分で考えておもちゃを作りながら遊びを発展させていくのは難しいことが多いため、予めおもちゃとして用意しておきますが、年長には道具だけを用意しておくなどの変化です。

また、工作が好きな子どもが多く、何かを作って遊んでいることが多いときには、なるべく自由に作れるよう材料を集めておいたり、分類して置いておいたり、作った物を置く場所を設けておくなどの“環境”を用意します。

この用意によって、子どもたちの遊びの幅も変わってきますが、うまくハマらないと遊びがすぐに終わってしまう可能性もあるため、環境を用意することはとても難しく、先生たちも試行錯誤の中で準備してくれています。

一言に遊びのサポートといっても、先生たちはさまざまなことをしてくれています。

環境の用意という点に目を向けて保育室や外遊びのおもちゃを見てみると、先生たちの工夫が感じられるはずです。

次回、第3弾では、それらのアイデアを自宅の遊びで取り入れる方法をご紹介します!


(土屋 菜々)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup