夏休みの宿題、最終日にもう泣かない!ドリル・自由研究・日記・作文・図工…お悩み別の解決法をご紹介

夏休みの宿題、最終日にもう泣かない!ドリル・自由研究・日記・作文・図工…お悩み別の解決法をご紹介

Bu facebook
Bu twitter

夏休みの宿題、ぜんぜん進んでない!親子のストレスはたまる一方…

夏休みの宿題、最終日にもう泣かない!ドリル・自由研究・日記・作文・図工…お悩み別の解決法をご紹介の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11038023355

夏まっさかり。イベントやお出かけの予定も盛りだくさんで楽しみな一方、夏休みの宿題がなかなか進んでいない…という親子も少なくないのではないでしょうか?

「宿題やったの?」「どうしてちゃんとできないの!」夏休みの最終日までにお家できちんと宿題を終わらせないとと、親としてはあせってしまいますね。毎日、顔を合わせて宿題のことを注意していると、お互いストレスもたまります。そんな時についつい親子げんかになってしまうことも…。

ですが、日記や作文、ドリル、自由研究、図画工作…夏休みの宿題は発達障害のある子どもにとって、一筋縄ではいかないものばかり。がんばっていてもできない場合もあるのです。

そんなとき、どうしたらうまくいくのか、宿題の困りごとについて、うまくいくコツをご紹介します。お子さんの特性やタイプ、困っていることにぴったりな解決策があるかもしれません。

せっかくの夏休み、宿題を楽しい成功体験に変えてみませんか?

夏休みの宿題がうまくいく3つのポイント

夏休みの宿題、最終日にもう泣かない!ドリル・自由研究・日記・作文・図工…お悩み別の解決法をご紹介の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10179005317

子どもが宿題に取り組みやすい環境を整えたり工夫をすることで、親の負担も減ります。

・見える化する
課題がどのくらいあるのか、これから何をすればいいかがわからず、取り組めないことがあります。今、残っている宿題がどれだけあるかを書きだした表や、スケジュールを作って見える化するとよいでしょう。

・「宿題に取り組む」場所・時間を決める
机の上におもちゃがあったりすると、気が散りやすくなります。宿題をするスペースを決め、宿題をしている間余計なものが視界に入らないように片づけたり、布をかけたりしてもよいでしょう。また、ゲームの前にドリルをするなど取り組む時間を決め、習慣化するのもおすすめです。

・宿題をスモールステップに分解する
発達障害がある子は、より具体的な指示の方が理解しやすい子が多いようです。「宿題しなさい!」だとどうしていいかわからないことも。もう少し小さくタスクを分解すると取り組みやすくなります。

例えば読書感想文の場合は次のようなステップで挑戦してみるのはいかがでしょうか。

1.読んでみたいと思う本を図書館や書店で探す
2.本を一通り読む(この際も、子どもが熱中して読めるようであれば子どものペースに委ね、どこまで読んでよいかわからない様子であれば1日に○章まで読む、などゴールを設定してあげると良いですね。)
3.読んだ本の中でお気に入りの部分(ページ、セリフ、絵など)を書き出してみる
4.読んだ本のタイトル、どんな内容だったかを書けるだけ書いてみる
5.お気に入りの部分を紹介、またどうして気に入ったのか書いてみる

このように小さなステップを設けて一つずつ子どもに挑戦させてみると、何をやればよいかわからないストレスが解消され、またステップを積み重ねるたびに子どもの自信にもつながります。

夏休みの宿題、最終日にもう泣かない!ドリル・自由研究・日記・作文・図工…お悩み別の解決法をご紹介の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11038003742

怒るとイライラもたまります。宿題がうまくいかなくて子ども自身も悩んでいます。親子がお互いにストレスをためない工夫をご紹介します。

・叱らずに一緒に考える
「なんでできないの」と責めるだけでは解決につながらないことも。うまくいくにはどうしたらよいか、一緒に考えていきましょう。

・完璧をもとめない
「できた!」の基準をどのレベルに設定するかも大切なポイントです。たとえ答えが間違っていても回答欄がうまったらOK、日記は字が汚くても書けたらOKなど、割り切って子どもに合わせてハードルを設定します。まずは取り組めたその子の頑張りに目を向けられるといですね。

・ほめる&ごほうびで達成感とやる気アップ
やる気にさせることが成功への近道です。スモールステップで目標を設定し、できたらほめるを繰り返します。

やることを表にして、できたらシールを張るなどのトークンエコノミーを導入するのもおすすめです。

また、ルールを決めて取り組み、ドリルを1ページやったらゲームを何分かやっていいなど、楽しいこととセットにするのもよいでしょう。

夏休みの宿題、最終日にもう泣かない!ドリル・自由研究・日記・作文・図工…お悩み別の解決法をご紹介の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10568004309

宿題の合理的配慮に関しては学校の先生との連携が必要になってきます。

・パソコン・デジカメ・計算機などの利用についての合理的配慮
パソコンやデジカメ、計算機をつかうことでうまくいく場合もあります。学校側に相談し使用の許可をお願いしてみましょう。

・宿題についての合理的配慮をお願いする
ドリルや学習帳などの難易度や量が合わない場合もあります。本人が頑張っているのにどうしてもできない場合、答えやヒント、解説を見ながらやってもよいかどうか、別のドリルを使ってもよいかなどを聞いてみるのも一つの手です。

発達障害のある子の特性や困っていることは一人ひとり違います。では、宿題の種類別の具体的な工夫をご紹介します!

ドリル・プリントの困りごと・対処法

夏休みの宿題、最終日にもう泣かない!ドリル・自由研究・日記・作文・図工…お悩み別の解決法をご紹介の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11044004005

ドリルやプリントは、たまってしまうとやる気もダウンしてしまいがち。モチベーションを保ちながらこなしていくには、どんな工夫ができるでしょうか?

国語や算数などのドリルやワーク・プリントを進めるうえでまず大切なのは、ドリルやワークのやらなければならない部分がどのくらいあるのか、全体量を見える化して示すことです。全体像を把握することで、これだけの量を夏休み中にこなさなければいけないんだ、と子どもにとっても実感がわくので、取り組みやすくなることが多いです。

また、ドリルやワークの場合、1日に取り組む分ができたらシールを貼ってあげるなど、達成した際のちょっとしたご褒美をあげるという工夫もおすすめです。

ドリルが難しかったり、こなせない量だったり、がんばっているのにこなせない場合もあるでしょう。そんなときは学校側と相談してみることをおすすめします。

プリント1枚全部を一度にやるのが難しい場合、2問ずつ進めるなど、小さく分割するとよいでしょう。

また、「全部じゃなくてこれだけ頑張る」「わからないときは飛ばして後で一緒にやる」など取り組む前に子どもと決めるのも一つの方法です。

https://h-navi.jp/teaching/article_masters/19021702

宿題をやらない|親子のヒント

日記・絵日記・作文・読書感想文の困りごと・対処法

夏休みの宿題、最終日にもう泣かない!ドリル・自由研究・日記・作文・図工…お悩み別の解決法をご紹介の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10387000723

毎日の記録を絵や文字で表現する日記は、発達障害のある子にとってハードルが高い宿題の一つです。毎日取り組まないと、夏休みの終わりごろになって、真っ白の日記帳を前に茫然…という事態になってしまうこともありますね。

また、作文や読書感想文も、テーマを決める、本を読む、文字を書くなど苦手なことが含まれているので、フォローが必要になります。

毎日決まったスケジュールに組み込むとよいでしょう。遊びに行く前につける、夜寝る前につけるなど、習慣にするとうまくいきます。また、毎日書くことの達成感が得られるように、書けたらシールやスタンプを押すなど、トークンエコノミーを使うのもおすすめです。

絵や文字がかくのが苦手な場合、事前に学校に合理的配慮をお願いして、デジカメなどで写真を撮って貼ったり、パソコンやタブレットで文字を打ってプリントし、ノートに貼ったりするのもよいでしょう。今は音声認識で入力できるスマホやタブレットもあります。

原稿用紙に手書きでないとダメ、という場合は、タイプしてプリントしたものをお手本にしながら写すとやりやすい場合もあります。

「自由に何でもかいていい」という状況では、何をかいていいかわからず困ってしまうこともあります。いきなり日記帳に向かう前に、「今日はどんなことがあった?」「何を書こうか」などとパパ・ママと一緒に振り返ってみましょう。写真や動画を撮っていたらそれを見ながら思い出すとよいでしょう。

テーマが決まったら、「まず、いつ、誰が、どこで何をしたか書くよ」などと書きだしをフォローしてあげるとよいでしょう。

読書感想文の場合、まず本を読む必要があります。音声を聞くと理解しやすい子は、読み聞かせをしてもよいでしょう。音読の音源がついたオーディオブックや、電子書籍などには音声読み上げ機能のあるものも便利です。

映画化されている本は、映画を観ると理解が深まることもあります。

https://h-navi.jp/teaching/article_masters/11011801

日記や手紙、作文を書くのが苦手|親子のヒント

自由研究の困りごと・対処法

夏休みの宿題、最終日にもう泣かない!ドリル・自由研究・日記・作文・図工…お悩み別の解決法をご紹介の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10132009787

自由研究は、子どもの好奇心や問題解決の力をはぐくむ大切な宿題ですが、その自由さが発達障害のある子にとっては悩みにつながる場合も多いもの。また、親がどのくらい手伝うかの見極めも難しい課題です。

なかなかテーマが決められないこともありますね。そんな時は、テーマを選びやすくするきっかけをつくってあげるとよいでしょう。

子どもの興味のあることや好きなことから選ぶと、モチベーションが保ちやすくなります。

自由研究のテーマが載っている書籍もたくさんあります。本を見ながらどんなテーマにしたいか親子で話し合ったり、科学館や博物館へ出かけて探したりしてもよいでしょう。子ども向けの実験や観察会などのイベントを開催している施設もあります。

自由研究用レポート用紙のついた3Dペンなど、キットもいろいろあります。市販のツールを使うのもおすすめです。

https://litalico-wonder.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1634305

自由研究におすすめ!厳選キット特集|LITALICOワンダー オンラインショップ

いきなり大きな白い紙を前にすると、何を書いたらよいかわからなくなります。そんなときはノートなどに、どこに何を書くかレイアウトをつくります。実際に書く文章もノートに下書きして写すだけにすると簡単です。

模造紙に線が入っていない場合は鉛筆で線を書くとよいでしょう。またタイトルや見出しなど、少し大きな字を書く場合は、バランスが崩れやすいので、鉛筆で目安となるようざっくり枠を記すとよいでしょう。

また文字を書くのが苦手な場合は、写真などを撮って、大きくプリントして貼ると、文字を書くスペースも少なくてすみます。

何にどのくらいかかるのか、どんな作業が発生するかを見える化します。テーマを決める、必要な物を揃えるなどをリストにしてスケジュールをつくります。

続けるのが苦手な場合、毎日観察が必要だったり、取り組みに時間がかかるテーマをあらかじめ避けるのもポイントです。

図工の困りごと・対処法

夏休みの宿題、最終日にもう泣かない!ドリル・自由研究・日記・作文・図工…お悩み別の解決法をご紹介の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11038003603

手先のこまかい作業が苦手な子にとって、工作や絵を描くのは、気が重い宿題です。

何を作りたいか聞きだしたり、工作のアイデアが載っている書籍から本人に選んでもらったりしてテーマを決めるのを手助けするとよいでしょう。テーマが決まったら、道具や材料を準備する・制作する工程をスモールステップにして書きだし、一つひとつこなしていきます。

また、夏休みには工作や絵を描くイベントやワークショップもたくさんあります。お近くで開催されていないか調べてみましょう。

写生が苦手な場合、写真を撮って写すとうまくいく子どももいます。ペンや筆が苦手なら、ちぎり絵やコラージュにするなど、苦手を避ける方法を考えてみるのもよいでしょう。

道具の使い方に慣れていなかったり、道具が合っていなかったりしていないか子どもの様子を見てみましょう。手に合った道具を使うようにし、練習してみましょう。

切れないハサミやカッターの刃はかえって力が入り危ないのでとり変えます。不器用な子どもが使いやすいハサミや定規、カッター、のりなどの文房具もあります。子どもが使いやすい道具を探してみるのもよいかもしれません。

以下にいくつか便利な文房具を御紹介します。

http://amzn.asia/bvm5FxX

長谷川刃物 HARAC カバー付きはさみ Casta

http://amzn.asia/50gKqVz

モチモノ 滑らない 定規 ピタットルーラー

http://amzn.asia/9UgYaw8

アラビックヤマト色消えタイプ

https://h-navi.jp/teaching/article_masters/13013001

ハサミがうまく使えない|親子のヒント

https://h-navi.jp/teaching/article_masters/13031301

ノリがうまく使えない|親子のヒント

http://amzn.asia/8krCKsM

参考書籍:谷田貝公昭 /著『不器用っ子が増えている―手と指は[第2の脳] 』(一藝社)

まとめ

夏休みの宿題、最終日にもう泣かない!ドリル・自由研究・日記・作文・図工…お悩み別の解決法をご紹介の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10363002348

「頑張りなさい」だけではうまくいかないことも多い夏休みの宿題ですが、ご紹介したヒントのなかに、子どもにあった方法が見つかるかもしれません。

また、発達ナビのユーザーの皆さんの工夫やエピソードの中にもヒントがあるかもしれません。

https://h-navi.jp/descriptive_surveys/84

発達ナビアンケート|夏休みの宿題を親子でやりきるアイデア大募集!実践の工夫や、エピソードを教えて

フォローをしてあげたり、見える化してスケジュールを決めてあげたり、パパ・ママの負担は決して少なくないかもしれません。ですが、小さなステップを一つひとつこなす達成感は子どもにとって大きな成長の糧になるはずです。

また、完璧を目指しすぎないことも大切です。出された宿題をやり遂げるのが難しい場合には学校の先生に相談したり、便利なツールを使ってハードルをさげることも、親子のストレスを軽くしてくれます。

残りの夏休み、親子で宿題を乗り切って、晴れやかな新学期が迎えられるとよいですね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup