毎年4月2日の「世界自閉症啓発デー」とは?いつからはじまったの?どんなことをするの?

毎年4月2日の「世界自閉症啓発デー」とは?いつからはじまったの?どんなことをするの?

Bu facebook
Bu twitter

世界自閉症啓発デーとは

毎年4月2日の「世界自閉症啓発デー」とは?いつからはじまったの?どんなことをするの?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10146003750

世界自閉症啓発デーは2007年12月18日にひらかれた国連総会において、カタール国のシェイカ・モーザ・ビント・ナサ・アル・ミスネッド首長妃殿下の提案により決議された記念日です。毎年4月2日を世界自閉症啓発デーにすることが世界共通で定められました。さらに日本では、4月2日から4月8日は発達障害啓発週間と決められています。

世界自閉症啓発デーにはそれぞれの加盟国が、自閉症のある子どもについて、家族や社会全体の理解が進むように意識啓発の取り組みを行うことなどが求められています。

現在、日本には自閉症についての偏ったイメージやあいまいな情報が数多く存在しています。自閉症は脳機能の発達の仕方が少し異なることから生じる発達障害です。「心を閉ざす」病気ではありませんし、育児の方法や環境など後天的な原因で生じるものでもありません。

自閉症のある子どもは一見ふしぎな行動をとることや、感覚が過敏なことがあります。そのため、育てにくさがあり、適切な接し方が難しい場合があります。また周囲の子が自閉症について知らないために、自閉症の子独特の行動や感性を必要以上に避けてしまうことも少なくありません。

しかし周囲の自閉症についての理解や支援が十分であれば、自閉症であっても住みやすい環境で障害をあまり感じずに生活することができます。

大人のなかでも、実は自閉症であるのにそのことに気づいていない人がいます。そのため、必要な支援を受けられず、自閉症の二次障害であるうつや不安障害などの精神疾患にかかる人も多くいます。

世界自閉症啓発デーは、自閉症に関する理解を深めたり、自閉症のことについて知ったりすることで、自閉症のある人を含めたすべての人が過ごしやすい世界を実現していくための日です。

世界自閉症啓発デーに行われる「ライト・イット・アップ・ブルー(Light It Up Blue)」とは

毎年4月2日の「世界自閉症啓発デー」とは?いつからはじまったの?どんなことをするの?の画像

出典 : http://www.autism-japan.org/keihatuday-p/2016/0402-tower/2016.htm

世界自閉症啓発デーのシンボルカラーは青色です。青色は「癒し」「希望」をあらわすと言われています。

ライト・イット・アップ・ブルー(Light It Up Blue)は世界自閉症啓発デーに合わせて、世界中のランドマークや名所旧跡を青色でライトアップするイベントです。

ライト・イット・アップ・ブルーはニューヨークに本拠地のある世界最大の自閉症支援団体「Autism Speaks」が2010年にはじめたのが起源です。ライトアップだけではなく、さまざまな取り組みが行われています。現在では、誰でも参加できる活動として世界中に広がっています。

2016年は7大陸157ヶ国がライト・イット・アップ・ブルーに参加しました。日本でも169ヶ所でライトアップが行われました。今年は、日本国内192ヶ所でライトアップされる予定です。ライトアップの様子を2分程度の動画で紹介します。

世界自閉症啓発デーを自閉症について理解を深める日にしよう

毎年4月2日の「世界自閉症啓発デー」とは?いつからはじまったの?どんなことをするの?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10230001574

世界自閉症啓発デーは自閉症についての理解を深め、世界に広く知ってもらうことを目的にしています。ぜひ、世界自閉症啓発デーをきっかけに、記事や書籍を読んで自閉症に関する知識を得たり、自閉症を描いた映画を見たり、自閉症の理解を深めてはいかがでしょうか。

この章では自閉症について説明します。

自閉症は先天的な発達障害の一つで、社会性と対人関係の障害、コミュニケーションや言葉の発達の遅れ、行動や興味の偏りの3つの特徴が発達段階で現れると言われています。

自閉症の原因は、まだはっきりとは解明されていませんが、先天的な脳機能の偏りであると考えられています。親の育て方や接し方、愛情不足によって自閉症になるのではないことが医学的にわかっています。また、自閉症の根本的な治療は現在のところできませんが、親や周りの人が環境を整えたり、接し方を変えたりすることで、症状や困りごとを緩和できる場合も多いと言われています。

もともと自閉症は、広汎性発達障害という発達障害カテゴリーの一つと分類され、知的発達の遅れを伴うカナー症候群や、知的発達の遅れのないアスペルガー症候群などとは区別されていました。しかし近年は自閉症とアスペルガー症候群などは明確に区別することができないのではないかということから、これまで広汎性発達障害のサブカテゴリーとして分類されてきたいくつかの発達障害をまとめて、「自閉症スペクトラム(ASD)」と呼ばれるようになったり、診断されたりするようになりました

◇社会性・対人関係
自閉症の人は、会話の途中に目線を合わせることや相手の身ぶりや表情から心情を読み取ることが苦手な場合があります。そのため、周囲から空気が読めないと思われたり、他人に興味がないように見られたりする傾向があります。

雰囲気のわずかな変化を察したり、比喩やたとえを理解したりすることが苦手なので、自閉症のある子に対してはあいまいな表現を避けてはっきりとわかりやすい言葉だと伝わりやすくなります

◇コミュニケーションや言葉の発達の遅れ
言葉を習得するのが遅い場合があったり、たとえや皮肉を理解できず言葉通りの意味を受け取ってしまったりすることもあります。ほかにも、自分の話したいことを話してしまうなどの行為がみられることもあります。

相手に自分の気持ちがうまく伝わらず、もどかしい思いをしてしまうこともありますが、本人が理解しやすく伝えやすい方法を工夫すれば、コミュニケーションが取りやすくなります。周りの人もあいまいな表現を避けたり、絵や写真などの視覚的な表現をすることで伝わりやすくなる場合もあります。

◇行動と興味の偏り
行動と興味に偏りがあり、毎日決まった行動をとることを好む傾向があります。予定外のできごとや初めての経験に対して嫌悪感を抱くことがあります。

その一方で、自閉症の人は自分の興味のあることに熱中する傾向もあります。自分の興味のある物事をとことん調べ、深く専門的な知識を活かして活躍している人も少なくありません

自閉症のある人が困っている具体的な事例をいくつか紹介します。自閉症の症状は幅広く、全員が同じ症状を発症するわけではありません。

◇いつもどおりじゃないことに対して強い不安にかられる
自閉症のある子どもは、自分のおもちゃがいつもの場所においてなかったり、授業を受ける教室が普段と異なったりすることに対して不安に感じます。誰でも、いきなり言葉が通じない見知らぬ土地で一人になったら先行きがわからず不安になると思います。

自閉症のある子どもは、想像することが苦手なため些細に思われることでも今後の見通しがつかず不安に思ってしまいます。この不安を取り除くために、自閉症の子が見通しがたてられるように絵や写真を使って今後の流れを示すといいでしょう

◇感覚過敏
たとえば、味覚過敏がある場合、特定の味付けや食材を食べると砂やゴムを食べているように感じてしまうこともあります。聴覚障害だと、人ごみでのざわつきが耳元で楽器を鳴らされているように感じて耳をふさいでしまう人もいます。

感覚過敏のもとを減らしたり避けたり、落ち着くことができるスペースを確保すると、感覚過敏のある人が生活しやすくなります。周りの人は、自分とは感覚の受け取り方や物事の感じ方が違うことがあると理解することが大切です。

◇全身運動が苦手
自閉症の子は、脳からの指令がうまく手足に伝わらず、不器用になってしまうことがあります。テレビで見たスポーツ選手のうごきをその場ですぐ再現できないように、自閉症の子は座る・歩く・走るなどの動作がうまくできないことがあります。

自閉症のある子ども一人ひとりにあわせて、療育を行ったり発達課題を設定したりすることが大切です。

世界自閉症啓発デーに参加してみよう

世界自閉症啓発デーへの参加の仕方をいくつか紹介します。

毎年4月2日の「世界自閉症啓発デー」とは?いつからはじまったの?どんなことをするの?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10247014713

毎年4月2日の「世界自閉症啓発デー」とは?いつからはじまったの?どんなことをするの?の画像

出典 : http://www.autism-japan.org/keihatuday-p/2016/0402-tower/2016.htm

ライト・イット・アップ・ブルーでライトアップされた施設を見に行ったり、自閉症のシンポジウムに参加したり、各地域で行われているイベントに参加したりしましょう。

各地域でのライトアップ予定地は以下のサイトから確認できます。

http://www.worldautismawarenessday.jp/htdocs/?action=common_download_main&upload_id=1984

世界自閉症デーライトアップ施設一覧/世界自閉症啓発デー日本実行委員会

各地域自治体の啓発取り組みは以下のサイトから確認できます。

http://www.worldautismawarenessday.jp/htdocs/?action=common_download_main&upload_id=1982

世界自閉症啓発デー自治体の活動/世界自閉症啓発デー日本実行委員会

毎年4月2日の「世界自閉症啓発デー」とは?いつからはじまったの?どんなことをするの?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10161017777

4月2日に青い服を着たり、ネクタイを青にしたり、アクセサリーでワンポイント青を取り入れたりしましょう。SNSのプロフィール写真に青色のフレームを付けるなどもいいかもしれません。

世界最大の自閉症支援団体Autism Speaksが、TwitterとFacebookのプロフィール写真に世界自閉症啓発デーのデザインをいれるサービスをしています。利用してみてください。

https://twibbon.com/Support/Autism-Speaks-2

Autism Speaks Light It Up Blue Frame / Autism Speaks

メッセージを募集しているイベントもあります。応援や共感の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

NPO法人あっとオーティズムのサイト上では、セルフィサインをダウンロードすることができます。印刷して、署名するだけですので気軽に参加してみてください。

http://happy-autism.com/liubj/selfie.html

セルフィサイン/NPO法人あっとオーティズム

世界自閉症啓発デー日本実行委員会の公式サイトでは、応援メッセージを募集しています。以下のサイトで、過去の応援メッセージを見たり、応援メッセージを投稿したりすることができます。

http://www.autism.or.jp/cgi-bin/keihatuday-m/index.html

応援メッセージ/世界自閉症啓発デー日本実行委員会

4月2日~8日は発達障害啓発週間でもあります

毎年4月2日の「世界自閉症啓発デー」とは?いつからはじまったの?どんなことをするの?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10186003678

日本では4月2日から4月8日までは発達障害啓発週間とされています。この発達障害には自閉症以外の障害も含まれています。たとえば、学習障害(LD)やADHD(注意欠陥・多動性障害)があります。

自閉症を含む広汎性発達障害と学習障害、ADHDの複数の傾向がある人も多くいます。

発達障害かどうかは明確に線引きできるものでなく、グレーゾーンの方も多くいらっしゃいます。そのため、発達障害の診断を受けていない人のなかにも発達障害の特徴的な行動や思考のくせが見られることは珍しくありません

まとめ

毎年4月2日の「世界自閉症啓発デー」とは?いつからはじまったの?どんなことをするの?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28144101806

近年、発達障害への正しい理解が進んだり社会的関心が向けられたりし始めましたが、まだまだ十分だとは言えません。

自閉症がどのような障害で、どのようなことに気をつけるべきかを理解するまでは時間がかかるかもしれません。また、自閉症のある人の特性や困りごとは個々に違います。しかし自閉症について知ったり身近に感じたりする中で、自閉症のある人一人ひとりのことを考え、一緒に過ごしていくことができれば、自閉症のある人もない人も、生きやすい世界になっていくかもしれません。

世界自閉症啓発デーを通して、自閉症をはじめ発達障害への自分自身の理解を深めたり、発達障害の認知の輪を広げていきましょう。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup