もしも明日地震がきたら。神奈川支社が、親子防災体験ツアーをプロデュース!

もしも明日地震がきたら。神奈川支社が、親子防災体験ツアーをプロデュース!

2018年1月31日公開

Bu facebook
Bu twitter
クレディセゾン神奈川支社では、新たな決済を通じて地域活性のために私たちができることを、提案・実践しています。自分たちが働く横浜市の課題に寄り添い、貢献したい。そんな想いから実現したのが、横浜市民防災センターへの「BOSAI CAFE」の設置です。横浜市担当者の方との打ち合わせを重ね、2017年9月、約1年越しで横浜市と「防災・減災普及啓発事業における連携協定」を締結しました。昨年11月に開催した「BOSAI CAFE」での体験型イベントの様子を、イベントを企画した若手社員がレポートします。

文:東 奈実、佐々木 萌実(CHIENOWA)
決済を通じて横浜を元気にする! その想いから生まれた「BOSAI CAFE」
横浜市が抱える課題の一つが、災害時の市民の安全。横浜市では、今後30年以内に震度6弱以上の地震が起こる可能性は81%と言われています。この課題に着眼し、より多くの市民に防災意識を高めて欲しいと模索・提案したのが、防災・減災を学べる空間「BOSAI CAFE」でした。

昨年10月のオープン以降、BOSAI CAFEでは市内の障害者施設による軽食販売や演奏会、明治学院大学の学生による防災をテーマにしたクリスマスイベントなど、幅広い地域活動の場として空間を開放しています。

「BOSAI CAFE」オープン当時の様子

館内で使う机や椅子は、宮城県石巻工房とタイアップし、地域の親子と一緒に制作しました。
横浜市民防災センターは、子どもたちも一緒に楽しく防災を学べる場所
11月4日(土)、クレディセゾン神奈川支社が中心となり、横浜市民防災センターの親子体験ツアーを開催しました。防災センターのスローガン「楽しく学んでしっかり備える」をテーマに、地震や火災、消防士に扮しての放水を体験しました。

まずは地震シミュレーターを使って、阪神淡路大震災と同じ揺れを体験しました。子どもたちはもちろん、大人でも立っているのがやっとでした。シミュレーター前の大型ビジョンには、地面が割れ、建物が崩れていく映像がリアルに流れ、「怖い!」という声がたくさん上がりました。

「震度5」体験の様子。手すりにしっかりつかまらないと、立っていられない~!
つぎは、屋外の広場で消火栓を使用した放水体験。防火服に着替えた子どもたちは消防士になりきって、パパやママと一緒に放水にチャレンジしました。身体のバランスが崩れそうになるほどの強い水圧に子どもたちもびっくり! 真剣に任務に取り組む姿を見て、わが子のたくましさを感じるパパやママたち。将来、災害から市民を守るヒーローがこの中から現れるかもしれない……と、ワクワクしました。

放水体験。その水圧に子どもたちもびっくり。
ほかにも、火事が起こったときの煙の怖さを疑似体験する火災シミュレーターを体験したり、減災トレーニングルームという家具が置いてある部屋で、地震と停電を疑似体験したり。体験を通して災害の怖さと備えの大切さを、しっかり学ぶことができました。

火事シミュレーターで火を消そう!!
横浜市から全国へ。広がれ、「災害にしっかり備える」意識の輪!
体験ツアーの最後には「防災ひと言」ワークショップを開催。「○○が起きたらやばい!」「体験ツアーの感想」「今日家に帰ったら絶対これをやる!」という3つのテーマで各々が付箋に意見を書き、みんなで大きなボードを完成させました。

ダンボールで作った非常用の簡易ベッドに寝転がってみました。
「家族で安否確認方法を決める」「どの家具が倒れるか倒れないか確認する」「枕元に災害セットを置く」など、ツアーで学んだことを生かすために、自宅でできる災害対策について、改めて家族で考えることができました。

参加した大人たちからは「防災について改めて家族で考えたり、話し合う良い機会だった」「地震シミュレーターや放水体験は貴重な体験だった」と感想をもらいました。子どもたちの反応は、自宅でも「火事だ~!」と避難訓練の練習をするようになったり、地震体験の映像を思い出してなかなか眠れなかったりとさまざまでしたが、災害はいつ起こるか分からないからこそ、日々の備えや意識がとても大切。

自分と大切な人を守るために何ができるか。今回参加した子どもたちから、そのほかの子どもたち、そしてご家族へ……災害に備える意識が広がって欲しいと思いました。
現在、この活動に賛同していただけるセゾンカード会員様を対象に、「永久不滅ポイントでの防災寄付」を受付しています。集まった資金は、横浜市の防災・減災普及イベントの運営や、市民参加型ワークショップ、映像作成、施設整備の費用に充てさせていただきます。

◆永久不滅ポイントでの防災寄付はこちらから!
http://www.saisoncard.co.jp/support/kanagawa_bosai/

今後も決済に新たなる付加価値をつけて、横浜市から全国へ! 熱き想いをもって、神奈川県を盛り上げていきたいと思います。
イベント情報

『横浜市民防災センター×CHIENOWA』
【日時】2017年11月4日(土)
【場所】横浜市民防災センター
http://bo-sai.city.yokohama.lg.jp/
プロフィール

東 奈実(あずま なみ)
クレディセゾン神奈川支社所属。入社3年目。横浜市でひとり暮らしを満喫中。


佐々木 萌実(ささき もなみ)
クレディセゾン神奈川支社所属。入社2年目。週5日仕事終わりのホットヨガでリフレッシュ!

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup