助産師として「妊娠」「流産」に向き合う私が、当事者になって感じたこと

助産師として「妊娠」「流産」に向き合う私が、当事者になって感じたこと

Bu facebook
Bu twitter
助産師として「妊娠」「流産」に向き合う私が、当事者になって感じたこと
私にとっての「35」と二度の流産の事実 「35」という数字を見ると、今、日本の多くの人は「35億!」と言いたくなるかもしれません。ブルゾンちえみ、私も大好きです! でも、私の中で「35」というと自分の年齢。そして、高齢出 ...
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup