妊娠中でも保険に加入できるの?

妊娠中でも保険に加入できるの?

Bu facebook
Bu twitter

夫婦2人だけの時は、あまり重要性を感じられず未加入だった「保険」。いざ、子どもを授かったら重要性に気が付いた!そんな方も珍しくありません。しかし、いざ保険に加入する際は、健康状態や病歴などを告知する義務があるため、妊娠中でも加入できるのかな?と不安に思われる方もいらっしゃいますよね。そこで今回は、妊娠中でも保険に加入できるのか?についてみていきたいと思います。

■妊娠中でも保険に加入できるの?

お子さまを授かったタイミングで、保険の加入を検討される方もいらっしゃいますよね。では、妊娠中でも保険に加入することはできるのかというと・・・・・・

答えは、Yes。妊娠中でも、保険に加入することは可能です。また、基本的には加入できる商品の縛りもありません。たとえば、ご自身が死亡してしまった場合に備える生命保険や、入院や手術が対象となる医療保険など、それぞれ妊娠中でも加入することができるわけですね。なお、子どもが生まれてから加入するイメージの強い学資保険も、「出生前契約」という形で妊娠中であっても加入することができます。

ただし、多くの保険会社では妊娠の週数で保険加入の可否を判断しています。とはいえ、かつては妊娠28週までが保険加入時のバーとして一般的でしたが、現在では臨月まで加入できる保険会社も増えているようです。

このように、保険会社や商品によって当然条件も異なるので、加入時には保険会社に必ず確認するようにしましょうね。

■妊娠中に医療保険へ加入する際の注意点とは?

妊娠中でも、基本的には各種保険に加入できるということがわかりました。ただし、妊娠中に「医療保険」へ加入する場合は少々注意が必要ですので、以下で詳しくみていきたいと思います。

妊娠中に医療保険へ加入した場合、今回の出産に関しては保障されないこと(「部位不担保」と言います)が一般的です。つまり、たとえ帝王切開を要する出産だったとしても、保障を受けられないということですね。それでは医療保険に加入する意味がないのでは?とお考えの方もいらっしゃると思います。

しかし、対象外になるのは「今回の出産」に関してです。よって、第二子・第三子をお考えの方にとっては、妊娠中の医療保険への加入は大きな意味があります。どういうことかというと、一度帝王切開で出産すると、次回以降も帝王切開になることが一般的ですよね。そのため、次回以降の出産時には医療保険を利用することができるというわけです。

ところが、第一子を帝王切開で出産した方が、“出産後”に医療保険に加入した場合はどうでしょう?

残念ながら、次回以降の帝王切開も対象外となってしまいます。そういう意味では、今回の出産は保障対象外となりますが、第二子以降のことを考えると、妊娠中に医療保険へ加入することには大きな意味があることがわかりますね。

また、妊娠中の加入であっても、今回の出産からカバーされる商品もあれば、一部の商品では制限なく保障してくれるものもあるようです。やはり、保険はいろいろと比較検討したほうがよいということですね。妊娠中の方はもちろんのこと、現在、無保険という方は、ぜひ早めに保険に詳しいファイナンシャルプランナーに相談してみることをおすすめします。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup