【医師監修】外出はしてもOK? 生後1ヶ月の赤ちゃんの特徴

【医師監修】外出はしてもOK? 生後1ヶ月の赤ちゃんの特徴

Bu facebook
Bu twitter
生後1ヶ月になると、授乳や睡眠の頻度も徐々に安定してきます。そろそろ外出したいと思うママも多いのではないでしょうか。今回は、生後1ヶ月の赤ちゃんの特徴とともに、この時期の外出についてのポイントを紹介します。







この記事の監修ドクター

わだ小児科クリニック 和田直樹先生

これまで30年余りの病院小児科での経験をいかして お子様の健康と病気全般を扱うクリニックにしてまいりたいと思っています。また背の低い子供の診療も積極的に取り組んでいきたいと思っています。
わかりやすい説明をモットーに子供たちの頼れるかかりつけ医をめざしています。日々お母さんたちが抱いている疑問や悩みについても気軽にご相談ください。
http://www.wadaclinic.com/
生後1ヶ月の赤ちゃんの状態

生後1ヶ月頃の赤ちゃんはどのように成長していくものなのでしょうか?まずは、生後1ヶ月の赤ちゃんの身体や動き、授乳、睡眠などの特徴についてご説明します。

赤ちゃんの特徴
生後1ヶ月に入った赤ちゃんは、身体に皮下脂肪や筋肉がつき始めます。見た目もふっくらとして、肉づきがよくなってきます。筋肉がつくことによって、手足を伸ばしたりバタバタと動かしたり、手を開いたりすることもあります。寝るときは、足はM字に開いた状態です。首はまだ座っていませんが、うつ伏せで寝かせると少しあごを持ち上げるようになります。

また、この時期の赤ちゃんは、視力などの五感も発達してきます。生後すぐの視力は0.01〜0.02ほどで、授乳の際も匂いや感触をたよりに乳首を探していましたが、生後1ヶ月を過ぎて視力がついてくると、おっぱいを目で探せるようになっていきます。

それに加えて生後1ヶ月の赤ちゃんは、次のようなことができるようになります。

・視力が発達するため、はっきりとした色のものが見えるようになる

・顔を20〜30cmまで近づけると、目をじっと見るようになる

・表情が少しずつ豊かになる

・「あー」「うー」などの声が少し出るようになる

・目で物を追いかけるようになる

・物が手のひらや足の裏に触れると握り返す
身長・体重
生後1ヶ月の赤ちゃんの身長・体重については、厚生労働省が示す発育曲線が母子健康手帳に記載されています。全体では、身長50cm〜59.6cm、体重は3,390g〜5,960gが目安となります。男女別では、男の子が身長50.9cm〜59.6cm、体重3,530g〜5,960g、女の子の場合は身長50.0cm〜58.4cm、体重3,390g〜5,540gとなっています。

このように多少の男女差・個人差はあるものですが、産まれてから1,000gほど体重が増えていることが多いです。ちなみに生後2ヶ月にかけては、1kg、1日30gほどのペースで体重が増えていくのが目安とされています。
授乳・ミルクの頻度
生後1ヶ月になると、起きている時間が長くなってくるため、授乳間隔が少しずつ一定になってきます。授乳間隔は、1時間〜2時間おきが目安。左右それぞれ5分〜10分飲ませてあげると良いでしょう。

長時間の授乳は負担がかかります。20分以上かかりそうなときは、途中で切り上げて様子を見ましょう。授乳の回数は、1日につき10回〜12回ほどが目安ですが、母乳は授乳をするほど出やすくなるものなので、赤ちゃんが欲しがったら欲しがるだけ飲ませてあげましょう。

授乳時間が短かったり授乳回数が少ない状態が続き、母乳不足が心配な場合には、赤ちゃんの体重をチェックしてみましょう。生後1ヶ月頃では1日25g〜30gほどのペースで体重が増えるのが目安です。また、母乳不足は、おしっこの回数が減ったり排便がない日が続くなどの状態でも判断することができます。

完全ミルクの場合は、ミルクの缶に記載されている1日の摂取量を目安にします。ちなみに、生後1ヶ月では約840mlが1日の目安量となっています。

母乳とミルク混合の場合は、ミルクが母乳よりも高カロリーである事を考慮しながら与えすぎに注意します。ミルクをあげる時には3時間は間隔をあけるようにし、母乳も量を調整しましょう。
睡眠時間
生後1ヶ月頃の赤ちゃんの睡眠時間の目安は、1日14時間〜17時間です。この時期はまだ昼夜の区別がしっかりできていません。そのため、昼夜逆転して夜中に目が覚めてしまうこともあります。また、薄暗くなる夕方の時間帯から泣き出すケースもあります。



この時期から、今後の生活リズムを除々に整えていく必要があります。起きている時にはしっかりと相手をしてあげましょう。ぐずってなかなか寝ないときには、赤ちゃんが快適に眠れる環境が妨げられている可能性があります。おなかの空きやオムツの濡れ、かゆみ、部屋の温度などを気にしてみましょう。
生後1ヶ月で外出できる?

たくましく成長をしていく赤ちゃん。しかし、生後1ヶ月ではもう外出をさせても大丈夫なのでしょうか? 次は、生後1ヶ月の赤ちゃんの外出について解説します。

外出は1ヶ月健診から
生後1ヶ月には、1ヶ月健診という赤ちゃんのために必要な外出もありますよね。1ヶ月健診では、赤ちゃんの健康状態や成長をチェックし、先天性の病気や障害がないかを確認します。同時に出産後のママの身体も確認し、子宮や悪露の状態などを見ます。

新生児のうちはまだ体温調節がうまくできず、また、身体が弱く病気にかかるリスクも高い状態です。そのため、赤ちゃんの健康状態を確認できる1ヶ月健診までは赤ちゃんの外出は控えておきたいところです。

健診で問題がなければ、その後は少しずつ外出ができるようになります。それまでの期間は不要な外出は避け、赤ちゃんとゆっくりとした時間を過ごすようにしましょう。
外出する際に知っておきたいこと

1ヶ月健診で特に成長や健康に問題がないと分かれば外出ができるようになります。ただし、生後1ヶ月の赤ちゃんの状態を考えると、外出するにあたって意識しておきたいことはたくさんあります。次は、外出する際のポイントや持ち物を紹介します。

時間は少しずつ延ばして
外出時間は、最初のうちは5分程度から始めます。そこから少しずつ10分、20分と延ばしていきましょう。外出に慣れてきたら、スーパーなどへ行くのもOK。ただし、混みあっていない時間を選びましょう。低温のエリアはなるべく避け、短時間で済ませることを心がけてください。

外出時の持ち物
生後1ヶ月の赤ちゃんと外出する際は、以下のようなものを用意しておくと安心です。

・母子手帳・健康保険証・診察券・乳児医療証

・授乳ケープまたはミルクセット(粉ミルク・哺乳瓶・お湯)

・オムツセット(オムツ・おしりふき)

・ゴミ袋やビニール袋

・口や涙を拭くためのガーゼとスタイ

・おもちゃ

・バスタオル・おくるみなどの体温調節グッズ

・着替え

・抱っこ紐

外出時のポイント
赤ちゃんとの外出時は、思わぬアクシデントに見舞われることも。もしものことを考えて持ち物を用意すると安心です。使用済みのオムツや汚れてしまった服が想像していたよりたくさん出てしまうこともあります。オムツやゴミ袋は多めに準備しておくとともに、着替えも最低1組は用意しておきましょう。赤ちゃんは体温調節がきちんとできないため、気温の変化にうまく対応できません。おくるみやバスタオルなど体温調節を助けるグッズも準備しておきましょう。

抱っこ紐は、ベビーカーで外出する際も持っておくと便利です。赤ちゃんがぐずってしまった時には、抱っこ紐であやすと安心して落ち着くことがあります。ベビーカーを使用する際には首すわり前でも使える種類かをきちんと確認しておきましょう。

外出時の注意点

外出をするにも、必ず優先するべきことは、赤ちゃんの健康。赤ちゃんの健康を守るためにも、外出時に注意しておきたいことについて解説します。
生活リズムを崩さない
外出することによって生活リズムを崩さないように気をつけてあげましょう。外出中でも、できるだけ家にいるときと同じ時間に授乳・ミルクをあげるようにします。

夜遅くなってからの外出にも注意が必要です。夜遅くまで外出が長引くと、夜の睡眠サイクルがずれてしまうだけでなく、良質な睡眠をとるのも困難になってしまいます。赤ちゃんにとって、夜の睡眠は成長おいてとても重要です。

真夏・真冬の外出は慎重に
真夏や真冬は、生後1ヶ月頃の赤ちゃんの外出では特に慎重になる必要があります。

暑い夏は、ただでさえ赤ちゃん自身の体温は高くなっていますが、抱っこ紐の場合にはママと密着しているのでさらに暑い状態になります。また、赤ちゃんは肌が弱く、強い日差しや汗で肌が荒れることもあります。

真夏の外出は、日差しが柔らかく気温が上がりきっていない午前中がおすすめです。外出時間もなるべく短めにしましょう。帰宅後には汗をきちんと流してあげて、母乳やミルクでの水分補給を忘れないようにしましょう。

冬は感染症が流行する季節なので、人混みへの外出は避けておきましょう。また、外出時には厚着をさせたいものですが、厚着のまま暖房の効いた室内に入り、その後外へ出るなどの行き来で汗をかいたり冷えたりを繰り返すと、かえって赤ちゃんの身体に負担をかけてしまいます。服装自体は家と同じようにし、靴下や帽子、ベストやポンチョなどで調節しましょう。

●車に乗せる際には注意を

生後1ヶ月の赤ちゃんを車に乗せること自体は、問題ありません。ただし、車に乗せる際には「揺さぶられっこ症候群」に十分注意する必要があります。揺さぶられっ子症候群とは、赤ちゃんの体が激しく揺れることによって眼底出血や頭蓋内出血、脳挫傷といった深刻な症状が起こるものです。

予防のために、長時間のドライブはなるべく避け、しっかりとフィットするチャイルドシートを選びましょう。
まとめ
赤ちゃんも1ヶ月健診を終えると、少しずつ外出を楽しむことができるようになります。ただし、いきなり大人と同じペースでの外出は禁物。もっと月齢を重ねれば、可能な範囲も広がります。それまでは、基本的にはお散歩感覚でのお出かけを楽しみましょう。

関連リンク
【医師監修】妊娠28週目の「体の変化・ 必要なこと・注意点」 | マイナビウーマン
【医師監修】妊娠29週目にしておきたいことは? 胎児の成長と注意点 | マイナビウーマン
【医師監修】妊娠30週目の胎児の大きさは? 食生活や気をつけたいこと | マイナビウーマン
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup