日焼けで白目が濁っちゃう⁉︎眼の充血・ゴロつき対策を専門医が伝授

日焼けで白目が濁っちゃう⁉︎眼の充血・ゴロつき対策を専門医が伝授

Bu facebook
Bu twitter

肌の紫外線対策は万全でも、眼は無防備...。という方、意外と多いのではないでしょうか。思っている以上に紫外線の影響を受けている「眼」。放置していると病気が発生するケースもあるので、日焼け対策は必須です。そこで今回は、医療法人社団慶翔会 神田須田町アイクリニックの吉野真未先生に、眼の日焼けが引き起こす症状と対策についてお伺いしました。

眼が日焼けすることで引き起こされるこわ~い症状

なかなか眼の日焼け対策を意識する機会がないかもしれませんが、知らず知らずのうちにダメージが蓄積して眼はもちろん、肌にも影響してくる可能性も...!

●ドライアイや眼精疲労
眼が紫外線にさらされ続けると、慢性的に充血が続き、ドライアイや眼精疲労を引き起こしやすくなります。眼精疲労は、症状が重くなると、肩こりや頭痛など、様々なトラブルの原因となるため、放置しないように。

●結膜炎
長い時間太陽の下にいると、結膜(白目の表面を覆う透明な膜)も紫外線によって充血し、結膜炎を生じることがあります。激しい痛みはなくても、異物感や目やにを伴っていたら注意しましょう。

●白目のくすみ
紫外線の影響で白目の充血が続き、結膜も透明度が失われると、次第に白目がくすんでしまいます。充血の症状は放置しないようにしましょう。

●皮膚の日焼け
紫外線を浴びると、眼の病気を引き起こすだけでなく、日焼けやシミの原因となることも分かってきました。眼の中の細胞が紫外線によるダメージを受けると脳が反応し、「メラニン色素を作れ!」という指令を出すため、皮膚のメラニンが増加し、肌の日焼けが促進されてしまう可能性もあります。

その他にも、紫外線の中で波長が長いものは眼の奥まで届いてダメージを与えるので、長期的な影響として「白内障」や「黄斑変性」、「翼状片」などといった重大な病気にも影響を与えることがあるそう。将来的な眼の病気予防としても、眼の紫外線対策をしっかりしなければ、と思いますよね。

眼の日焼け対策も万全に!

日傘や帽子に加えて、サングラスを使用することは眼の紫外線対策の基本中の基本!  サングラスは、単なる色付きのレンズが販売されている場合もありますので、表記をしっかり確認し、UVカット効果のあるタイプを選んで。眼鏡やコンタクトレンズもUVカット仕様のものがありますので、購入する際は、相談してみましょう。

もし紫外線をたくさん浴びてしまった場合は、「眼に休息を与えることが大切」と先生はおっしゃいます。パソコンやスマホをオフにして眼を閉じ、リラックスする時間をとりましょう。眼の周りの皮膚が日焼けによる炎症を起こしている場合には、「冷やすことも有効です。眼を閉じ、冷たい水で絞ったタオルを10分ほど乗せると落ち着きます」(吉野先生)

「結膜や角膜を保護するためには、ドライアイ用の点眼薬を使用しましょう。市販の紫外線用目薬には血管収縮剤が含まれているものもあるので、使用する際には注意が必要です。充血や痛みを伴う場合は必ず眼科専門医を受診しましょう」(吉野先生)

「白目のくすみ」は、顔色まで悪く感じたり、老けてみられがち...。さらに「肌の日焼け」にまで影響するなんて! 将来的な眼の病気の予防も兼ねて、眼の紫外線対策をしっかりしてお出かけくださいね!

お話を伺ったのは...
医療法人社団慶翔会 神田須田町アイクリニック
眼の美と健康を守るために、お子様からお年寄りまで、眼のお悩みについてわかりやすい説明と最新の医療を提供。角膜およびドライアイ外来、緑内障外来を併設し、大学病院レベルの医療を身近に感じていただけます。

【関連記事】
・ 実は髪型が重要だった!サングラスをおしゃれにかける3つのポイント
・ "うっかり日焼け"のタイムリミットは3日間!シミにしない先手のケア方法

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup