ご飯がどんどん進むおいしさ! 豚アスパラソース炒め

ご飯がどんどん進むおいしさ! 豚アスパラソース炒め

Bu facebook
Bu twitter
春を感じられる野菜のひとつ、グリーンアスパラ。輸入ものもあわせて店頭にはいつも並んでいますが、最もおいしい時期はやっぱり露地栽培が出回る春から初夏にかけて。春芽は少し細身のものも多いですが、夏場のしっかりしたものより柔らかく、炒め物にも最適です。

春先の柔らかいキャベツと、豚肉にあわせて、オイスターソースでこっくりと炒めたこちらの一品。火が通って緑が濃くなったアスパラに、みりんの照りのついたお肉が絡まり合い、白いご飯が進みます!

シャキシャキの食感とともに、春の味わいをたっぷりと頂きましょう。


■豚アスパラソース炒め

調理時間 20分


レシピ制作:料理家 保田美幸



<材料 2人分> 
グリーンアスパラ 8~10本
キャベツ 3枚
豚肉(薄切り) 150~180g
<下味>
 酒 小さじ1
 しょうゆ 小さじ1
片栗粉 大さじ1
<調味料>
 酒 大さじ2
 みりん 大さじ1.5
 しょうゆ 小さじ1
 オイスターソース 大さじ2
 ショウガ汁 小さじ1
サラダ油 大さじ1


<作り方>
1、豚薄切り肉はひとくち大に切り、<下味>をもみこんでから片栗粉をまぶす。

2、アスパラガスは根元のかたい部分を切り落とし、ピーラーで皮をむいて3等分に切る。キャベツはサッと水洗いして水気をしっかり切り、ひとくち大にちぎる。

3、熱したフライパンにサラダ油を熱して(1)を炒め、肉の色が変われば(2)を加えて更に炒める。野菜がしんなりすれば<調味料>を加え、全体に絡めるように炒め合わせて皿に盛る。


アスパラもキャベツも、炒めすぎるとせっかくのシャキシャキ食感が損なわれてしまうので、手早く炒めて食卓へ!
(フジノアサコ)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup