年少から始めたい習い事、子どもの可能性をグングン伸ばすのは?

年少から始めたい習い事、子どもの可能性をグングン伸ばすのは?

Bu facebook
Bu twitter
最近では早くから習い事をさせる家庭が増えています。未来を秘めている子どもたちに、家庭以外でも色々な刺激を与え、可能性を広げてあげたいですよね。今回は年少さんからのお勧めの習い事について調べてみたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。
何から始めよう?習い事に迷ったら・・・

幼稚園に入園してそろそろ習い事をしてみようと思うものの、たくさんの中から我が子に合う習い事は一体何がいいのか、ママ達は迷うことが多いと思います。せっかく通わせるなら、子どもも楽しめるものを選びたいですよね。

子どものやりたいことを見つけるのは、実は単純なようで難しいです。最近では、6歳までに考える力や能力の基礎ができることがわかってきています。文字や計算などは小学校でも十分間に合うといわれていますが、きちんと考えられる子に育つ様に自分で考える力を養いたいですね。

年少さんでも、スポーツや勉強、音楽、芸術系などお子さんの好きなこと、興味をもつものを自由に体験できるところが増えてきています。知識のある先生に教わることや幼稚園以外でもお友達ができることなどは、とても良い経験となりますし、習い事を通じて、早いうちから集団行動になれることも大切ことですね。

幼児期は物事をもっとも早く吸収することができる時期です。習い事によって色々な力がすぐに身につくでしょう。「できた!」という成功体験は自信がつき、その後の成長によい影響をもたらすと思います。
幼児期からはじめてよかった習い事
英語教室
小学校で英語の授業が必修化され、地域によっては1年生から始まるところも増えています。5、6年生では教科として成績がつくため、早い段階から習う子どもが急増しています。

英語は早い段階から始めると、耳が育ち良いとされています。定期的に英語にふれる機会をもつことは幼少期にはとても効果的です。英語の歌をたくさん覚えて一緒に歌うことで自然に英語の発音やイントネーションが体でおぼえることができます。小さいうちから英語に慣れておけば、成長して勉強に入る時もスムーズになるメリットがありますね。

▪️月謝6000円程度/月4回 (参考金額)
サッカー教室

幼少期から人気のある習い事の一つにサッカーがあります。幼稚園に併設されているところも多いのではないでしょうか?この頃はあまり複雑なルールは関係なくボールをけって走るがメインになってきます。最近では思いっきり走ったりする機会があまりないので体力をつけたり筋力をつけるのにはとてもお勧めです。最初の初期投資もボール一つで始めれるのもメリットです。

▪️月謝5000円程度/月4回 (参考金額)
スイミング

水泳は運動系の習い事の中でも人気の一つで、生まれて間もなくから心肺機能を高めるためにされている方も多いですね。小学校に入り授業で困ったなどの話もよく聞くので、水慣れのためにもされる方が多い様です。メリットは健康になることで風邪をひきにくくなった、喘息が軽減されたなどとも言われます。運動量も多く、体力作りには最適ですね。

▪️月謝6000円程度/月4回 (参考金額)

ピアノ教室

ピアノを習うメリットは、反復学習により。根気強さがつきます。また幼児期から始めることで指先を両手バラバラに動かすことが脳の発達にいいことが証明されています。音感も身につくので、ピアノにかぎらず、将来その他の楽器を習う時にも楽譜などが読めることが役立ちます。目標をもって頑張ることができることと、その達成感を味わえることは幼少期にはかけがえのない体験になるでしょう!

▪️月謝6000円程度/月4回 (参考金額)
ダンス
平成24年から中学の必須科目にダンスが加わり、ますます人気のある習い事になりました。バレエやヒップホップ、ジャズダンス、フラダンス、チアダンスなど種類もさまざまです。レッスンを通じてリズム感や基礎体力を養い、集中力や表現力、協調性などを身につけていきます。楽しく体を動かし表現することで、度胸や自信がつきます。

▪️月謝6000円程度/月4回 (参考金額)
テニス

最近、年少さんから始めるスポーツで人気急上昇なのがテニススクールです!友達と一緒に遊びながらボールやラケットに慣れることから始めて、細かなフォームにはとらわれず、リズムやバランス感覚を身につけます。お子さんの成長段階に合わせてボールの種類や用具をかえて無理なく年少さんからでも習えるそうです。体力もつきますし、オススメです。

▪️月謝6000円程度/月4回 (参考金額)
無料体験に行ってみよう!
子どもが興味をもちそうな講座や習い事に連絡して、体験レッスンがあるかどうか問い合わせてみましょう。お友達からの紹介でもいいですね。体験は無料で参加できるところが多く、先生に教育方針や気になる点も問い合わせることができるのもいいですね。親がきっかけを作ってあげて是非子どもと一緒に体験してみてください。こどもの反応をしっかり観察してみてくださいね。
忙しくて習い事に通わせられない時には
習い事に通いたいけど送迎がつきものです。フルタイムで働いていて、なかなかまとまった時間がとれないという人も、ご安心ください。親が寄り添い一緒に楽しむことも習いごとと同じ効果があります。親が好きなこと、興味があることをさせてみるのもお勧めです。家族で一緒に楽しめる楽しみが増えるのはいいことですね。

スポーツ観戦

野球やサッカーなどスポーツ観戦が好きなお父さんも多いのではないでしょうか? 最初はあまり興味をもたないかもしれませんが、長時間ではなくてもかまいません。時には、一緒に会場で観戦して、テレビとは違う生の熱気を雰囲気を味わせてみることもオススメです。
生き物を育てる体験
犬や猫など買うのが難しいかたも小さな虫や魚、ザリガニなどを飼ってみるのもオススメです。責任感がうまれ、命を大切にする心を育むことができます。毎日大切に育て、世話するのはとても大切なこと。生き物と接するなかで子どもたちの興味や関心は広がります。ともに生活して世話をすることで愛情がわき、命あるものを大切にすることも感じ取ることができます。また、時には誕生や死に遭遇し、生命の営みを学ぶことができるでしょう。このような経験を積むことは、かけがえのない体験となるでしょう。
親子で農業体験
食べた果物の種をうめて発芽を楽しんだり、野菜についている根の部分を植えたり、水栽培で楽しんだりして身近なものでも充分楽しめます。草花や野菜は子どもが親しみやすく、育てやすいもの、植え付けが簡単なものを選ぶとよいでしょう。子ども達に植物を大事にする心を育み、普段食べている食べ物に対しても感謝して食べることを教えることができます。一緒に水やりやお手入れをして大切に育て、世話する気持ちを常に持ちましょう。幼児のもつ好奇心や探究心をかきたて、直接的な体験を通して自然の営みを知ることができるでしょう。
料理を一緒に楽しむ
毎日出てくる料理ですが、子どもと一緒につくることで、料理スキルが身につきます。自分で作った食べ物は好き嫌いがなおったという事もしばしば耳にします。料理をする前の食材の形やにおい、手触りなど五感を使って調理し、煮たり焼いたりするとどうなるか、味付けをどうするか?色々な事を感じながらたくさんの知識を得られます。ママは少し大変ですが、作った後に食べれる事も喜ばれます。生きて行く上でとっても大切な「食事」。ママが先生となって、家庭の味を伝えるのもいいですね。
折り紙あそび
折り紙の魅力はなんといっても広告の紙などを使って、いつでもどこでも作ることができることですね。忙しいママでも5分もあればお子様と一緒に作り上げることができます。用紙もたくさん種類がありますし、図形感覚を養うこともできますし、こうした経験はその後小学校にあがってお勉強になった時にもきっと役立つことでしょう。
キャンプや旅行

最近では旅育ということばをよく目にするようになりました。家族旅行は子どもにとっても良い影響があります。小さな頃から様々なものを見て体験すると自然と家族内でコミュニケーションが増え、子どもの心も満たされます。実際に目で見て触って学べる収穫体験や、陶芸体験などもオススメです。公共機関をつかっての旅行ならば、マナーやルールを学べるいい機会です。ホテルや温泉でもマナーをしっかり教えていきたいですね。家族旅行に行く時は準備から一緒に行いスケジュールをたてながらコミュニケーションをとって素敵な思い出をつくりましょう!
まとめ
お子さんにさせてみたいと思う習い事はありましたか?年齢が上がるとさらに選択肢が増え、徐々に本人の意思も出てきます。先生と子どもの相性もありますし、子どもが行きたくないということもあると思います。幼児期の習い事は何かに夢中になったり、頑張った経験が将来の宝物になります。子どもの意見や体力、環境など配慮して、子どもがのびのびと成長できる習い事を見つけてくださいね。すぐには始められないという人も無料体験や、共通の趣味をみつけるのもいいですね。

関連リンク
4歳の子ども向け誕生日プレゼント14選、もっと活動的に、知力もアップ!? | マイナビウーマン
【医師監修】子どものインフルエンザの対処法・予防法 | マイナビウーマン
【医師監修】子どもの水いぼの原因と感染経路は? 予防と治療法 | マイナビウーマン
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup