朝の果物は金!?「フルモニ」でやせ体質&美肌を目指せ!

朝の果物は金!?「フルモニ」でやせ体質&美肌を目指せ!

Bu facebook
Bu twitter
果物と野菜をミキサーにかけたグリーンスムージー、手軽に飲める野菜やフルーツジュースなど、気軽に口にすることができる果物と野菜。でも、食べる時間帯、食べ方を少し気を付けるだけで、もっとフルーツの効果を発揮することができるんです!

「朝の果物は金、昼は銀、夜は銅」

ヨーロッパにあることわざの一つに「朝の果物は金、昼は銀、夜は銅」というものがあります。果物はいつ食べても健康に良いけど、朝に食べるのが一番良いということのようです。

朝、水分が多い果物を食べることで、乾いた身体を潤してくれますが、メリットはそれだけではありません。朝起きたばかりだと、頭がボーっとしていることもありますよね。そこへフルーツの果糖が優しくスムーズに血糖値を上昇させてくれます。果物は熟す段階で既に消化が進んでいる状態なので、胃腸に負担をかけることなく通過してくれるため消化が早く、食物繊維によって便通も良くなるというメリットもあります。

また、フルーツが美肌にいいのはもちろん、果糖はエネルギーとなって日中の間に消化してくれるので太る心配も少ないといわれています。脳と体を目覚めさせてくれるフルーツは、やはり朝食べるほうがいいようです。

フルモニをはじめる前に覚えておきたい5つのこと

フルモニ(フルーツモーニング)は、いくつかポイントを押さえておくことで一層の効果を高めることができます。

①朝食をフルーツに置き換え、午前中のみ食べる…排泄は午前中に集中するので食物繊維で腸の動きをスムーズにします。また、午後に果物を食べると果糖が消化しきれずに脂肪に代わってしまう可能性もあるので、午前中に食べるようにします。

②水分が多い果物(グレープフルーツやリンゴ、スイカ、梨など)…寝起きの乾いた体の水分補給にもなります。

③常温で食べる…冷たいフルーツは身体を冷やしてしまうので、常温に戻しておきましょう。

④皮ごと食べられるフルーツは皮ごと食べる…フルーツの皮にはフィトケミカルという栄養素が含まれています。できるだけ皮ごと食べましょう。

⑤空腹のときに食べる…お腹に既に何か入った状態だと、果物の消化を邪魔してしまいます。どうしても何か食べたいときは、フルーツを先に食べましょう。

これだけは気を付けて!フルモニの注意点

果物が持っている酵素にはそれぞれの特性があり、相性が良くないものもあります。フルモニで食べる果物は1種類にとどめておきましょう。日替わりで違うフルーツを食べるのはOKです。

また、フルーツは生で食べるようにしてください。常温で食べるように気をつけ、酵素が壊れる「加熱」はしないように気をつけましょう。

今まで朝食を食べなかった人は無理にフルモニをはじめず、最初の食事をフルーツジュースにしてもよいでしょう。

しかし、市販のジュースは後から砂糖を加えていたり、保存料を使っているものもあるので代用にはなりません。ジュースにする場合は、必ずフレッシュなフルーツを使ってミキサーにかけましょう。

また、血糖値に問題がある人、糖尿病の人は緑の葉野菜やキュウリ、セロリなどの野菜も一緒に食べ、野菜の比率を増やすようにしてください。

フルモニをはじめると、痩せやすい身体を目指せます。ただ、継続することが大切で、一時的に行うのではあまり意味がありません。

そのため、習慣化できるかどうかがポイントになります。季節のフルーツを取り入れるなど、楽しみながらフルモニにチャレンジしてみましょう。
提供元:
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup