疲れもむくみもスッキリ♪自宅で手軽に「足湯」はいかが?

疲れもむくみもスッキリ♪自宅で手軽に「足湯」はいかが?

Bu facebook
Bu twitter

寒い冬のみならず、夏でも冷房で足が冷えてつらい…とお悩みの方におすすめしたいのが「足湯」。足湯は冷え改善だけではなく、むくみや睡眠不足にも有効と言われています。今回は家でも簡単にできる足湯の効果や方法をご紹介します。

足湯の効果

relaxing hot spring foot

足湯は古くから多くの人々に親しまれてきました。

お風呂よりも手軽で、服を着たままリラックスリフレッシュができる足湯。

具体的にはどんな効果があるのでしょうか。

冷えをとる

Beautiful white pedicure. Feet in soft knit socks on the plaid

心臓から最も遠い足は一番冷えやすく、疲れやすい場所と言われています。

また冷たい空気は下に集まるので、暖房のある部屋にいても、足だけが冷たいということがあります。

そんなときにこそ足湯につかり温めることで循環が改善し、体中がポカポカになりますよ。

むくみをとる

Footbath With Orchid

足を温めることで血液やリンパ液の流れがスムーズになり、溜まっていた水分や老廃物が排出されやすくなります。

体温上昇による発汗や、腎臓への血流量の増加により排尿が促され、むくみの改善が期待できますよ。

睡眠の質を高める

beautiful girl sleeps in the bedroom

足先が温かいと、それだけでもいい気分で寝床につけますよね。

さらに、就寝1時間前に足湯をしておくと、寝る時間にちょうど体温が下がり始めるので、速やかな入眠を促してくれます。

冷えからの痛みや不調を和らげる

Beautiful woman smiling

女性の生理痛は、冷えるとひどくなる可能性があります。

足を温めると温かい血液が返ってくるのでお腹周りも温まり、痛みが悪化しにくくなります。

冬にひどくなる関節痛や腰痛にも効果があるかもしれません。

代謝や免疫力をアップ

beautiful young woman smiling in winter time

体温が下がると風邪を引きやすくなったり、疲れやすくなります。

足湯で血液循環が改善されると、運動したときのように代謝が上がったり、免疫細胞の働きが活性化されて風邪を引きにくくなる効果が期待できますよ。

足湯のやり方

Taking a magnesium footbath for better absorbent of vitamin mineral magnesium chloride. Soaking feet in relaxing foot bath, wooden tray with ingredients on the side. Great for pregnant women.

  • フットバスや深めのバケツを用意する。
    ※普通の洗面器ではお湯が冷めやすく、ふくらはぎまで温めにくいため。
  • 下にタオルを敷く。
    ※お湯がこぼれたりバケツが動くのを防ぐことができます。
  • お湯の温度は40~42度にする。
    ※足を入れて気持ちがいいと感じる温度でOKです。
  • ふくらはぎまでしっかりつける。
  • 15~20分程度でじんわりと汗がでてきたら終了。

テレビをみながら、本を読みながら、リラックスして過ごすのがおすすめです。

途中お湯が冷めてきたときのために、お湯を入れたポットを手元に置いておくと便利ですよ。

火傷に注意して差し湯をしてくださいね。

足湯の工夫

aromatherapy oil andbowl of lavender bath salt - beauty treatment

お湯だけでも十分な効果がありますが、好きなアロマオイルを入れると香りが広がってリラックス効果が高まります。

またお湯に大さじ1~2杯程度天然塩を入れておくと発汗効果が高まり、お肌がツルツルに♪

炭酸タイプの入浴剤を入れるのもおすすめです。

シュワシュワの足湯で気持ちよく血行改善が期待できますよ。

足湯をするタイミングは寝る前もおすすめですが、実はにもいいんです。

少し熱めのお湯にすると、体温が上がって目が覚め、早めにパフォーマンスを上げておくことができます。

朝から頑張りたい日におすすめですよ。

足湯の後は

Woman with beautiful legs sitting near foot bath at home, space for text. Spa treatment

足湯が終わったら、タオルでしっかり水気を拭き取りましょう。

濡れた状態で置いておくと、乾くときに熱をとられるのでかえって冷えてしまう可能性があります。

しっかり水気をとったら、ボディクリームなどでケアをすると潤いが逃げず、お肌がすべすべの状態に保てます。

足湯の注意点

Dehydrated woman feeling thirsty holding glass drinking filtered pure mineral fresh water for body refreshment or energy recovery, dehydration problem, hydration and health concept, close up view

足湯に浸かると体が温まり発汗するので、足湯後の水分補給は忘れず行いましょう。

また風邪を引いているときには足湯に浸からないようにしましょう。

疲れがたまっている方、眠れない日が続いている方はぜひ、自宅で足湯を試してみてくださいね。

 

 

関連記事

リラックスできるだけじゃない足湯の効果。自宅でも手軽に

【美を損なう血行不良】炭酸足湯でポカポカ、つるつる

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup