濃厚な中に爽やかな酸味! 春色スイーツ「イチゴのティラミス」

濃厚な中に爽やかな酸味! 春色スイーツ「イチゴのティラミス」

Bu facebook
Bu twitter
90年代に大ブームとなったイタリアのスイーツ「ティラミス」。
本来はエスプレッソコーヒーを使ったほろ苦い味わいが特徴のスイーツですが、今回は旬のイチゴを使ったティラミスをご紹介します。

イチゴの甘みと酸味がマスカルポーネチーズとベストマッチ。
赤色のシロップと白色のクリームの層に、グリーンのミントの葉をのせた、見た目もキュートなひな祭りカラーのスイーツです。

■イチゴのティラミス

調理時間 20分


レシピ制作:パティシエール、料理家 河田 麻子



<材料 約4人分>
卵黄 2個分
グラニュー糖 60g
ブランデー 30ml
マスカルポーネチーズ 250g
生クリーム 300ml
フィンガービスケット 適量
イチゴ 適量
ミントの葉 適量
ココアパウダー 適量
<シロップ>
 イチゴ 100g
 フレーズリキュール 10ml
 キルシュ 10ml

<下準備>
・<シロップ>のイチゴをミキサーにかけてピューレ状にし、フレーズリキュール、キルシュと合わせておく。


<作り方>
1、ボウルに卵黄とグラニュー糖を入れて、白くもったりするまですり混ぜる。


2、ブランデーを加えて、湯煎にあてながら絶えず混ぜ、ボウルの底が見えるくらいに濃度がついたら湯煎から外す。


3、別のボウルにマスカルポーネチーズを入れてなめらかになるまで混ぜ、(2)を少しずつ加えてよく混ぜる。さらに7分立てにした生クリームを2~3回に分けて加え、ゴムベラでふんわりと混ぜ合わせる。


4、器の側面にスライスしたイチゴをはりつけ、(3)のクリームを絞り入れる。フィンガービスケットを並べ入れ、ハケで<シロップ>をたっぷりとぬり、再びクリーム、フィンガービスケット、<シロップ>の順に重ねて層にし、最後にクリームを絞る。


5、仕上げに薄くココアパウダーを振るい、お好みの大きさに切ったイチゴ、ミントの葉を飾る。


コツ・ポイント 
・フレーズリキュールとは、イチゴのリキュールです。


お子さんも食べる場合は、ブランデー、フレーズリキュール、キルシュは抜いて作ってくださいね。

(株式会社マミーゴー)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup