【まとめ】身近な病気になりつつある「がん」。どう備えれば良いの?

【まとめ】身近な病気になりつつある「がん」。どう備えれば良いの?

Bu facebook
Bu twitter

日本人の死亡順位ワースト3位を占めるといわれる、三大疾病。「がん」「急性心筋梗塞」「脳卒中」がこれにあたりますが、中でも「がん」は、近年、芸能人の方が罹患していることを公表したりと、私たちにとって身近な病気になりつつありますよね。今回のまとめ記事を読んで、「がん」に対して正しく理解し、きちんと備えていただければと思います!

■三大疾病とは?どんな保険に何歳くらいから加入したらいいの?

三大疾病ということば自体は聞いたことがあるものの、どんな病気なのか?どんな備えが必要なのか?よく分からない人も多いのではないでしょうか。そんな方には、このコラムがおすすめです!
>>このコラムをよんでみる

■ガンの治療にはいくらかかるの?お金の準備できますか?

近年、有名人の方がガンであることを公表したりと、もはや私たちの身近になりつつある「ガン」。いざガンに罹ってしまったら、治療にはどれくらいのお金がかかるのでしょうか?
>>このコラムをよんでみる

■働き盛りの20代女性必見!乳がん検診のすすめ!

他人事だと思っていた「乳がん」。実は、最近若い年代の人において発生するケースが増えているのをご存知ですか?乳がん検診について正しく理解し、早期発見のため、早めに検診を受けるようにしましょうね!
>>このコラムをよんでみる

■子宮頸がんの検査をしようかな。検査費用はどれぐらいかかる?

女性特有の病気の1つである「子宮頸がん」。年に1回は検査したほうが良いって聞くものの、どこで受診すれば良いのか?検査費用はどれくらいかかるのか?、分からないことだらけで検査を先延ばしにしている方もいるのではないでしょうか……。
>>このコラムをよんでみる

いかがでしたでしょうか?
がん患者の数は、年々増加傾向にあります。がんは、早期発見・早期治療をすることで、完治できる可能性が大きく変わってきます。よって、がん検診を受けたことのない方は、まず検診内容について正しく理解し、きちんと検診を受けるようにしましょう。それと同時に、いざ異常が見つかってからでは保険の加入が難しくなります。今のうちからしっかりと備えるようにしましょうね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup