馬鹿にされたり、からかわれたり…  どうすればやめてもらえるの? 【心屋仁之助 塾】

馬鹿にされたり、からかわれたり…  どうすればやめてもらえるの? 【心屋仁之助 塾】

Bu facebook
Bu twitter
メディアで話題の心理カウンセラー、心屋仁之助さんとその一門があなたの相談に答える「凍えたココロが ほっこり温まる、心屋仁之助 塾」。今回は、「馬鹿にされたくない、からかわれたくない」という、かめさん(35歳・OL)に、心屋塾上級認定講師のサトーマサトさんからアドバイスをいただきました。


© Monkey Business - Fotolia.com



■かめさんのお悩み
小さい頃から容姿のことで、からかわれることがあります。それも、一番仲の良い友達からです。小さい頃は、泣いたり、怒ってみたりして、自分が嫌なことを表現してきました。それでも、からかうのをやめてくれません。

大人になってから、本当にやめてほしいと何度も言ってきましたが、それでも、数人で集まると、悪ノリして何人かで言ってきます。他の言わない人も、止めるわけでもなく、かばうわけでもなく、何も言わず、やり取りを見ているだけです。

とても大切な友達たちなので、これからも関係は続けていきたいです。ただ、どうしてからかわれたり、馬鹿にされたりするのかがわかりません。そんなこと言われた時は、とても悲しい気持ちでいっぱいになります。

■心屋塾上級認定講師のサトーマサトさんより
人の悩みにはいろいろありますが、突き詰めると人間関係の悩みになります。
「お金が足りない」という悩みでさえ、話を聞いていくと「上司との関係がうまくいかず昇進できない」とか「姑に家計のやりくりができていないことを知られたくない」…と結局は人間関係の悩みになってくるものです

カウンセリングをしていると、よくこんな相談者さんがあらわれます。悩んでいること、嫌だったこと、怒っていることなどを話しているはずなのに、顔が笑っているのです。作り笑いや愛想笑いが身についているため、無意識に笑っており、本人にそのことを伝えても、まったく気づいていなかったりします。

好印象を与えるようにしている作り笑いや愛想笑いが、人間関係をかえって複雑にしているのではないかと感じることがあります。

友達は、かめさんが本気で嫌がってることに、気がついていない可能性があります。からかってるつもりはなく、たわいもない冗談のつもりで発言してないでしょうか? むしろ、かめさんは喜んでくれていると思ってるかもしれません。

やめて欲しいと伝えても、かめさんが本気で怒っていない分、友達に伝わっていない可能性があるのです。

そんな、かめさんへのアドバイスは…


かめさんへのアドバイスは、“友人関係が途切れる覚悟を持って、本気で怒ってください”…です。

「からかわられた気分になる」「バカにされた気分になる」
「そんなことする人は好きになれない、一緒にいたくない」
「嫌だ」「やめて欲しい」「腹立たしい」「むかつく」
「子どもの頃から気にしている」「傷ついた」
「つらい、悲しい、さびしい気持ちになる」

自分の気持ち=本音を伝えてみるのです。

かめさんは子どもの頃の体験から、自分の気持ちを伝えることをあきらめたり、大人なので怒ることは良くないと思っているのかもしれません。

しかし人というものは、自分の気持ちを言わず自分の中に押し込めると、代わりに相手の気持ちを勝手に想像することをはじめます。
 
例えば、私の事をバカにしてる、軽く見られている… に違いないと、悪い想像をしがちです。そして、いつしか事実ではなく、この悪い想像に振り回されて悩みが大きくなっていきます。

この悪い想像を断ち切るためにも「本気で怒る」「本音を伝える」をしてみてほしいのです。

もしこれで関係が途絶えるような友達であれば、それはそれでいいのではないか、と思います。自分自身の気持ちを押し込めてまで、付き合っていく必要があるのでしょうか?

かめさんの気持ちに触れ、理解してくれるのが大人の友人関係といえるのでないかと思います。


・このカウンセラーのブログを読む
(サトーマサト)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup