わが子と昔の自分がシンクロ! よみがえる「お布団遊び」の思い出【子育ては時にしみじみ 〜山本三兄妹…

わが子と昔の自分がシンクロ! よみがえる「お布団遊び」の思い出【子育ては時にしみじみ 〜山本三兄妹…

Bu facebook
Bu twitter
こんにちは。山本みつ湖です。
わが家の子どもたちはみんな進級のみで、特に大きな変化はなかった春でしたが、それでも最初はそわそわしてしまうものですね。新年度が始まって1ヶ月がすぎ、親子共々、ようやく新しい生活に慣れてきました。

4月も半ばを過ぎるとすっかり暖かくなり、最近ではパジャマも半袖。夜寝る前には布団の上で大騒ぎです。


布団で“わにごっこ”(わに役の子どもが定位置につき、走り抜けようとする他の子どもを捕まえる遊び)を楽しむ子ども達の姿を見て、自分の子ども時代にも同じようなことをして遊んだな、と懐かしく思い出しました。



このわにごっこの他にも、三人こたつに並んでの折り紙、長男次男のオリジナルカードでのバトル、次男と長女お気に入りの子ども部屋や押入れでの基地ごっこ…。

日常の風景になっている子ども達の遊ぶ姿ですが、長男はもう5年生。もしかしたら兄弟三人一緒になって遊ぶ姿が見られるのも、あと数年の間なのかもしれません。

兄弟で遊んでくれてありがたいなと、自分は入らずに眺めていることが多いのですが、たまには子ども達の日常の中に入って遊んで、一緒に記憶に留めてもらおうと思います。

(山本 みつ湖)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup