簡単なのにキュート! とっておきのハロウィンレシピ

簡単なのにキュート! とっておきのハロウィンレシピ

Bu facebook
Bu twitter
年々、盛り上がりを見せるハロウィン。仮装をしてパーティーをしたり、街を歩くだけではなく、自宅でハロウィン料理を楽しむ人も増えています。

そこでキュートで簡単に作れるハロウィンレシピをご紹介。いつもの料理に少しアレンジを加えるだけで、ハロウィン料理が完成しますよ。

■かわいいお化けがいる! 水菜とスモークサーモンのハロウィンサラダ

出典:E・レシピ

たった10分でできるこちらのレシピは、水菜と大根、スプラウトをカットし、混ぜ合わせ、スモークサーモンとトーストした食パンを盛り、薄く切ったレモンを散らすだけで出来上がり! 食べる前にサウザンドレッシングをかけていただきましょう。

食パンは、お化け型にハサミで切ってから、トースターで焼き色がつくまで焼きます。
サラダの材料は、ハムやサラミ、レタス、キャベツ、トマトなどでも大丈夫。お好みの食材でアレンジしやすいのがいいところ。とっても簡単にできてかわいい、ハロウィンのアイディアレシピです。

■蜘蛛の巣模様に仕上げよう、カボチャスープ

出典:E・レシピ

旬の食材、カボチャを使ったハロウィンレシピはいかが? このレシピのポイントは、お皿に盛ったカボチャスープに生クリームを渦巻き状に流し入れること。生クリームを少し泡立てトロミをつけることで、真ん中から外にむかって放射線状に線を描きやすくなります(竹串を使用)。

また少しだけ手間がかかりますが、食材のカボチャの皮を電子レンジで1分程加熱して、星形でくり抜き、カボチャスープの真ん中に飾るのもおすすめ。よりハロウィンっぽいスープに。時間のない日でもパパッと作れるレシピなので、忙しいママにも最適です。

■みんな大好き! おばけとジャックの蒸しあんパン

出典:E・レシピ

ハロウィンの人気キャラとも言えるジャック・オ・ランタンとお化け。その両方をカボチャパウダーを練りこんだ蒸しあんパンと普通の蒸しあんパンで作りましょう。

カボチャの蒸しあんパンは、スケッパーの曲線部分を使って放射線状に4本切り込みを入れてから蒸し、ジャック・オ・ランタンの顔をデコレーションすれば、完成です。また普通の蒸しあんパンは、おばけの形になるように上から押さえつつ、しずく型に形を整え、蒸してから、お化けの顔をデコレーションしましょう。子どもたちも大喜びな蒸しあんパンで、ハロウィンの夜を盛り上げたいですね。

■一瞬、びっくりしちゃう、真っ黒なハロウィンおばけカレー

出典:E・レシピ

余っても冷凍保存しておけば、翌日以降のランチや夕食にできるカレーは便利な料理。しかし、煮込む時間がやや長いのが難点ですよね。このレシピなら煮込む時間も少なく、ハロウィンカレーを作ることができます。

このカレーの黒さのもとはイカスミ。カレールウが溶けた後、水を加えて、アクを取り、イカスミパスタソース、トマトペーストを加えるのです。煮込み時間5分で出来上がります。ご飯の上にスライスチーズ、ハム、焼きのりでお化けの顔をデコレーションしましょう。お好みで真っ黒なカレーの上にブロッコリーや人参を盛ってください。

■サクサク&パリパリの食感がたまらない、おばけのキャンディークッキー

出典:E・レシピ

ハロウィンのお菓子はダークな色合いのものが多い印象ですが、このキャンディークッキーはカラフルでキュート! サクサクのクッキーとパリパリのキャンディーがひとつになって二度美味しい一品です。使用するキャンディーは棒付きの市販のものでオッケー。

キャンディーを麺棒でたたいて砕き、おばけ形にくり抜かれたクッキー生地に入れます。焼きあがったら、キャンディー部分にチョコペンでお化けの顔を描きましょう。このキャンディークッキーがあれば、たとえ近所の子どもたちが「Trick or treat!(トリックオアトリート)」と言ってやってきても、安心ですね。

今年のハロウィンは10月31日(火)の平日で、当日ハロウィンレシピを作るのはやや大変かもしれません。その場合は、28日(土)、29日(日)に前倒しで手作り感あふれるハロウィンレシピを作り、友人や家族と盛り上がるのもいいでしょう。

(木下あやみ)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

staff_pickup